FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

矢野絢也元公明党委員長の叙勲内定

「矢野元公明委員長に叙勲内定」
(時事ドットコム)

 政府が11月に発表する秋の叙勲で、矢野絢也元公明党委員長(78)が受章することが19日、分かった。政府関係者が明らかにした。矢野氏は評論活動をめぐり、同党の支持母体の創価学会と激しく対立しており、民主党が模索している公明党との連携に影響が出る可能性がある。
 矢野氏は1967年の衆院選で旧大阪4区から初当選し、以後9回当選。86〜89年に委員長を務めた。政界引退後は政治評論家として活動していたが、雑誌の記事に学会青年部が反発。矢野氏も創価学会を退会し、現在は学会側と訴訟状態にある。
 菅直人首相は先月26日に、池田大作創価学会名誉会長が設立した東京富士美術館を訪問するなど、公明党・創価学会への秋波ととれる動きも見せていただけに、矢野氏の受章内定について憶測も呼んでいる。(2010/10/19-16:46)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&...

・・・・・・・・・・・・・・・
これで民主党菅内閣に対する創価学会の反発・批判はさらにエスカレートするでしょう。

もしもそうなったら、それは「叙勲に対する嫉妬」と言われてしまうでしょうねぇ。

ん?

宗教団体が個人に対して嫉妬するなどということは筋が違いますね。

創価学会の中の誰かが矢野氏に嫉妬する、これならば理解できます。

たぶんそれを「聖教新聞」「第三文明」「創価新報」などが代弁するわけですね。

いつもながらのパターンが展開されるのでしょうか。

そういえば、公明党の国会議員は、
「永年勤続表彰」
などを
「自主的に辞退」

していますね。

ただし、「辞退」が慣例となる前には、聖教新聞紙上で断続的に議員の叙勲や表彰について批判を繰り広げていました。

つまり、誰かさん以外が公的に叙勲や表彰されることは
「不遜」
「思い上がり」

だという論法でした。

これって、嫉妬、ではないでしょうかねぇ。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2010-10-21 11:31 | 事件