FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

無自覚ほどおそろしいものはありません

創価学会や日蓮正宗、その他いろいろな教団問題を長年やってきましたが、いちばんのネックは後遺症にあります。

長いあいだ非活動だったり内部アンチだった場合は、比較的かるい後遺症で済むと言えますが、活動していたものが突然辞めたり他の教団に移った場合は、活動していたときの考え方のままなのです。

ほんもの探しで教団ジプシーになるケース
宗教には懲りたといって政治やエコロジーや「愛国」に移るケース

いづれも、考え方はそのままで、たんに立ち位置が替わっただけでしかありません。

当人たちは教団を辞めたのだから、その教団の影響などない、と否定しますが、私の経験からは例外なく影響下にあると判断することになります。

攻撃的な教団にいて他に移った場合、大半のひとが元いた教団に対して攻撃的になります。

そして、自分の考え方とちがっていたり、自分の理解できないことに対して、敵だと思い込む傾向が強くあります。

つまり、元いた教団の思考パターンのままなのです。

それが正義だと思い、
それを主張し、
それを他人に強要する。

それが「信心」だとか「使命」だとか思い込んでいるひとの、なんと多いことか。

40年ちかくこうした問題にかかわってきましたが、こういうケースはこれからも続くでしょう。

けれど、いつか終止符が打たれることを願って、かかわり続けるしかありません。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-07-24 00:00 | カルト