FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

師弟不二の出典

法華経にはもちろん全くありません

では、日蓮さんのいわゆる「御書」にはどうか。

学会版の御書だけではなく、他の本でも「師弟不二」という熟語はひとつもありません。

それに近いのは「能所不二」という言葉で、上野殿御返事(学会版P1556)に1ヵ所だけあります。

でもこの御書は身延山の法主だった行学院日朝が書いた写本しかありませんので、日蓮さんが書いたものかどうかもはっきりしていません。

つまり日蓮さんが亡くなってから200~300年たってから出てきた御書です。

それでは「師弟不二」の出典はどこか。

目についたのは、大石寺26世堅樹院日寛さんの書いたものでした。

日寛さんは、寛文5年8月7日(1665年9月15日)から享保11年8月19日(1726年9月14日)まで生きていました。

その日寛さんが享保6年(1721年)書いた「観心本尊抄文段」に、次のようにあります。

「一、経に云く我が如く等(ひとし)くして異なる事無し等文。

(中略)

 この釈成(しゃくじょう)の文また分(わか)ちて三と為(な)す。

初めに「我が如く等く」の下は自受用(じじゅゆう)に約して師弟不二(していふに)を示し、次に「宝塔品(ほうとうぼん)」の下は無作三身(むささんじん)に約して親子一体(しんしいったい)を示し、三に「寿量品(じゅりょうほん)」の下は久遠元初(くおんがんしょ)に約して君臣合体を示す云々。

 初めに自受用身に約して師弟不二を示すとは、謂(いわ)く「如我等無異(にょがとうむい)」の一句は自(おのずか)らこれ標(しるべ)の文なり。

(中略)

既(すで)に久遠元初の仏道に入る我等(われら)衆生(しゅじょう)の凡夫(ぼんぷ)の当体(とうたい)、全くこれ久遠元初の自受用身(じじゅゆうしん)なり。

自受用身の当体、全くこれ我等衆生なり。

故に「妙覚の釈尊は我等が血肉なり因果の功徳は骨髄に非(あら)ずや」というなり。

自受用はこれ師、我等はこれ弟子、既に「如我等無異」なり。

豈(あにか)師弟不二に非ずや。」

つまり「師弟不二」という言葉は、日蓮さんとは直接の関係はなく、日蓮さんが亡くなって約450年もたってから言われた言葉のようです。

「師弟相違せば なに事も成すべからず」学会版御書全集P900

華果成就御書の一節です。

ただ、この御書も日蓮さんの真筆がありません。

これもやはり身延山の法主だった行学院日朝が書いた写本しかありませんので、日蓮さんが書いたものかどうかもはっきりしていません。

つまり日蓮さんが亡くなってから200~300年たってから出てきた御書です。

日朝さんがこの写本を書いて他に見せるまで、華果成就御書は誰も知らない文書だったのです。

また、ここに書かれている師匠とは道善房のことですね。

道善房は亡くなるまで法華経には帰依しなかった人です。

つまり、日蓮さんは師匠に背いたわけですから、「師弟不二」ではなかったことになってしまうのです。

「福運」という言葉も御書には1つもありません。

日興さん以下江戸時代までの歴代法主の文書にもありません。

あ、もちろん法華経にもないです

つまり学会用語でしかありませんですね。

「師弟不二」も「福運」も、学会の「信心」には関係があっても日蓮さんや法華経の信心には全く関係ないということになります。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-07-31 01:49 | メモ