FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

創価学会VS日蓮正宗対立略年表03

平成2年
・11月16日、第35回本部幹部会で池田名誉会長が暗に日顕法主を批判。
・12月13日、東京墨田区の常勝寺でおこなわれた宗門と学会の「連絡会議」の席上、宗門は前記池田名誉会長のスピーチについて質問書を提出したが、学会側に受取を拒否されたため送付した(以下、「お尋ね」)。
・12月23日、秋谷栄之助会長の名で、「お尋ね」に対する「お伺い」文書を回答のかわりに送付(別名・九項目詰問状)。
・12月26日、宗務院から秋谷会長に対し、「お伺い」を読んだ上で「通知」が送られる。
・12月27日、宗務院は宗規を一部改正し、法華講の総講頭・大講頭に任期制を導入、合わせて、名誉総講頭の制度を廃止した。
・12月28日、秋谷会長が日蓮正宗総監藤本日潤に宛て「通知」に対する返答を送付。
・12月29日、藤本総監より秋谷会長に、「お伺い」に対する「回答」を送付。

平成3年
・1月1日、「お尋ね」に対する正式な「返答」を秋谷会長が藤本総監宛てに送付。学会の宗門に対する本格的反撃の開始である。
・この日から全国の末寺に対して『地湧』と題する怪文書がFAXで送られはじめる。
・1月12日、藤本総監が『「「お尋ね」に対する回答」についての指摘』を秋谷会長宛てに送付。
・1月16日、『指摘』に対する抗議を学会が送付。
・1月17日、抗議の続きを宗門に送付。
・1月30日、学会古参大幹部の連名で「お尋ね」に対する「見解」を発表。
・3月5日、池田SGI会長に対して、海外組織にSGI意外も認める旨の通知を送付。
・3月16日、大石寺参拝に関して、末寺の添書の持参を条件とする旨の通達を秋谷会長に対して、大石寺主任理事名で送付。
・11月28日、日蓮正宗、創価学会に対して「破門」を通告。

平成4年
・7月4日、日蓮正宗東京第二布教区宗務支院長高橋信興名で池田大作を「信徒除名処分」することを決定、新宿区の大願寺で記者会見
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-04-29 04:20 | メモ