FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

<   2008年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

創価学会の世代をグループにわけてみる。

在創第1世代
 A、牧口時代に入った会員
 B、戸田時代に入った会員とその子供
 C、戸田氏死亡後、会長空席期間に入った会員

在創第2世代
 D、池田会長就任後に入った会員
 E、公明党結党後に入った会員および衆議院進出後に入った会員
 F、言論出版妨害事件発覚後に入った会員
 G、正本堂建立後に入った会員

在創第3世代
 H、第1次宗創紛争世代

在創第4世代
 I、池田復権後世代
 J、第2次宗創紛争世代
 K、本尊不確定世代

これらの各世代の子・孫などをみてみると、それぞれ在創1世から2世・3世、第1世代については既に在創5世くらいまで存在する。

在創第1世代と在創第2世代は、「常勝」という言葉で表現できる。
もっとも、在創第2世代のF期は、池田学会初の挫折経験をしているわけであるが、この経験から「仇討ち」「復讐」といった現学会の心性が始まったと考えられる。

在創第3世代は、池田学会2度目の挫折である。
しかも、このときは問題の経緯をほとんど知らされていなかった末端会員たちを除き、事情を知る幹部たちのほとんどが池田退陣に胸をなでおろしたはづである。

在創第4世代は、「センセー主義者」たちによる巻き返しにより始まった。
J期における日蓮正宗による創価学会破門は、挫折ではなく「因習からの解放」という逆転の発想により、在創第2世代以上の「池田無謬神話」の形成が推し進められることとなった。
その結果、秋谷・青木といった第1世代の古参幹部のほとんどが一掃され、名実ともに「池田門下」による「池田学会」の誕生をみることになったのである。

しかし、「池田門下」つまり「センセー主義者」たちによる学会掌握は、じつは「池田学会」の終わりの始まりであるともいえる。
在創第4世代、とくにJ期から急増した池田氏への多数の「名誉称号授与」の宣揚などによる「池田神話」の徹底は、極度の「祭り上げ」であり、外部からはほぼ完璧な「誉め殺し」のように見えるのである。

創価学会を掌握した「池田門下」たちは池田氏の実像を知悉しており、けっして「池田本仏論者」などではない。
「池田本仏論」的な考え方をしているのはJ期以降に学会に入った「センセー主義者」「池田ユーゲント」たちである。

創価学会を掌握した「池田門下」たちは、「ポスト池田」体制を想定したうえで、J期以降に学会に入った「センセー主義者」「池田ユーゲント」たちに対して、徹底して「師弟不二」を強調することにより、池田後継体制へのスムーズな移行を企図していると考えられるのである。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-23 03:06 | メモ
今回は、指摘のみ。

A、牧口時代に入った会員
   ほとんどいませんが、まだわずかながらおられるようです。
B、戸田時代に入った会員とその子供
   戸田時代に入った会員も、いまでは壮年部に多少いるだけでしょうが、この人たちはそれなりの苦労もしており、現体制に対しては懐疑的なようす。
C、戸田氏死亡後、会長空席期間に入った会員
   Bとほぼ同様ですが、戸田門下でも池田門下でもないので、組織内ではあまりめだたなかった人が多いようです。
D、池田会長就任後に入った会員
   厳密に池田門下というのはここから始まります。
E、公明党結党後に入った会員および衆議院進出後に入った会員
   この段階では創価学会は「国立戒壇」を放棄しており、おりからの学生運動にも進出。この頃の学生部経験者が現体制の実務を掌握している。
F、言論出版妨害事件発覚後に入った会員
   内部のイベント中心の活動期だったために比較的おとなしいひとたちが置くみうけられる。
G、正本堂建立後に入った会員
   外部に向けての活動つまり折伏が再開された時期であり、同時に日蓮正宗を軽視する傾向が出始めたころでもある。妙信講(顕正会)問題が知られるようになり、教学に強い人たちが多い。また、創共協定問題で政治問題について勉強した人たちも少なくない。
H、第1次宗創紛争世代
   期間は短いが、池田色が薄かった分、良識的な会員が多い。
I、池田復権後世代
   宗創紛争を直接には知らないために、「センセー絶対」の会員が出始めた。
J、第2次宗創紛争世代
   日蓮正宗を敵視しているものの教学的にはまったく中途半端な立場にいることが理解できていない会員が多い。また、政治的には公明党に不満はあるものの「センセーを守るため」に必死でF取りをする。「センセー主義者」(笑)が現在の主流となっている。

グラデーションを描くように徐々に変化変質しているが、各世代間の意識のギャップは外部で考えている以上に大きいものがある。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-21 17:43 | メモ
(承前)

 創価学会が「国立戒壇論」を放棄し政党結成と衆議院進出を決定するまで、確かに彼らの言っていた「国立戒壇」にせよ「王仏冥合」にせよ、それらは間違いなく「政教一致」をその意味内容としていた。
 彼らが如何に、「国立戒壇功徳、即ち平和論」と言おうとも、同じ文の中で戸田の「王仏冥合」の次ぎの箇所を引用している限りにおいて、それ以外に解釈の仕方はない。

《 国立戒壇とは、勅宣と御教書(当時は幕府の命令、現在は国会の議決)を申し下して、富士山に戒壇を建てるべきである》

 これは特定の宗教団が国会の議決という政治的法的実効力を利用し、教団みずからが掲げる目標を達成しようという事である。
 しかし、例え教団選出の者によって国会やその他の機関が占められたとしても、それによって特定の宗教に対し便宜を図る、という考えが憲法の精神と全く相入れるものではなく、かえってそれと反するものであることは言うまでもない事である。

 この時期における創価学会の政治関与が、実はその宗教的な本質論からではなく、教勢拡大という方法論から行なわれたという事は既に述べたが、あらためて指摘しておかなければならない。
 戸田は、他宗攻撃(邪宗破折)と現世利益(功徳)の二本柱による教勢拡大に限界を感じ、ためにその一つの方法として政治関与、政治進出を日常活動に組み入れたのである。

 それはある意味では確かに卓見であった。宗教々団の政治進出は奇異であると同時に、ある種の新鮮さをも一般民衆に印象づけるものであったと言える。
 また彼らの政治進出の時期が世に言う「五五年体制」の成立と時を同じくしていたという点は非常に興味深いことである。
 これは、戸田自身が古島一雄や岸信介ら政界の実力者たちと非常に親しかったが故に成し得た事であるとも考えられよう。
 ちなみに現在までに創価学会と親しかったとされる人達の中には、古島一雄、塚本素山、児玉誉士夫、笹川良一、岸信介、田中角栄、五島慶太、松前重義、佐藤栄作ら、数多くの政財界の実力者や文化人がいる。

 いずれにせよ、この段階の創価学会は戸田の思いつきをそのまま直截的に行動化したところに特徴があった。
 またその故に、後の池田体制において、教義・路線などの混迷が生じたとも考えられるのである。 (つづく)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-16 12:39 | 政治
(承前)

 彼らが教義や路線を変更したその主因が、本質的な信仰の問題によるものではなく、彼ら自身の行動の結果という二次的要因によって、かえって信仰を規制していくという“目的と手段が転倒した影響関係”にある、という事は正に彼ら創価学会自らが内包する矛盾と限界性の表われである。

 古野清人氏は、
「大衆を概観する場合社会運動や市民運動等もそうであるが、個々人の自由意志で行動するよりも、むしろ社会の風潮、時勢の趣く所になびく傾向が強い」
と述べているが、この事は創価学会にも当てはまることと言えよう。
 彼らは信者獲得、広宣流布、王仏冥合という目的のために政治進出して来たのではあるが、この当時は、今までの路線の大網が誤りではなかったという事を示すために、自前の政党の結成、衆議院進出とその成功を果たさねばならなくなり、自らの信仰を規制または修正せざるを得なくなってしまったと言うことが出来よう。・
 つまり彼らが政党結成後の選挙で勝つためには、対外的に批判を受ける可能性のある国立戒壇などを否定・修正せざるを得ないし、末端信者が批判を受けて動揺することを未然に防がねばならなかったのである。 (つづく)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-15 12:34 | 政治
(承前)

 ともあれ、この公政連発足が公明党結党へとつながり、それがかえって彼らの教義・路線の変更を必然のものとしてもたらす結果を生んだのである。
 1964(昭和39)年5月3日、2万人の参加をもって行なわれた第27回本部総会の席上で池田会長は、
 一、正本堂の建立
 一、公政連の一歩前進と政治部の発展的解消
などを発言・提案し参加者も拍手をもってこれに賛成した。
 池田は次ぎの様に述べている。

 《公明政治連盟を一歩前進させたい。すなわち、公明政治連盟をば、皆さん方の賛成があるならば、王仏冥合達成のために、また時代の要求、民衆の要望にこたえて、政党にするのもよし、衆議院に出すもよし、このようにしたい(中略)すなわち、創価学会の中に文化局があります。文化局のなかに政治部が現在までありました。その政治部の使命について私は巻頭言で「われらは政党ではない。すなわち創価学会は政党ではない。したがって衆議院にコマを進めるものではない。あくまでも参議院、地方議会政党色があってはならない分野に議員を送るものである。」という意味の一項目を書いておきました。したがって、本日をもって、創価学会の政治部は発展的解消をいたしたいと思うのであります。》

 池田会長はここで彼が政治部に課した使命を訂正しているのだが、その理由については「時代の要求・民衆の要望」と抽象的に語るだけで済ませている。
 しかもそれらの「要求」「要望」といったものも、学会員の中にすら聞かれてはいなかった。
 つまり、それらの声は池田や池田の意見に従うもののニーズであったにすぎなかったのである。
 そのニーズは即ち、公政連の結成や都知事選における保守支持など、そこまで政治に関与した以上、政党化・衆議院進出は彼らにとってもはや必然的なものであり、引き返すことはおろか現状維持のまま過ごせる情況になかったという点に依る。
 まさに「創価学会が自ら権力獲得を目指すことは当然でもあった」というジャーナリスト堀幸雄氏の指摘は正しかったといえよう。
 池田の発言で明確になっていること、それは、「創価学会の政治部は発展的解消を」して公明党にした、ということである。
 つまり、公明党は創価学会政治部の性格と役割をもったままなのである。
 私は、だから創価学会と公明党は「政教一致」などではなく、「政教一体」である、と指摘しているのだ。
 また、政教一致の問題は、まったくない、のではなく、今日現在、憲法に言うところの政教一致は国政において現出しているのである。
 このことについては、機会をあらためて述べるつもりである。 (つづく)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-14 17:19 | 政治
(承前)

 池田は会長就任1年後の1961(昭和36)年5月に行なわれた本部総会の席上で、従来の文化部を新たに文化局政治部とすると発表した。
 文化局内には他に言論、教育、経済の各部を設けた。
 この政治部設置をもって創価学会における政治路線の定着と見ることが出来る。
 政治部は、

《 混乱した日本の政治を浄化するため、学会精神によってはぐくまれた優秀な政治部員を養成し、日本の政治に正しい方向を示していくとともに、本質的な国立戒壇建立という大業の必要性を、政界に理解させようというものである》

と説明され、11月27日には外部政治団体として公明政治連盟が発足した。
 この事は裏返して言うならば公政連結成の目的若しくは理由として、ひとつは「政界浄化」という一般的なものがあり、いまひとつこそ真の理由である「国立戒壇」建立があげられると言うことであろう。
 しかし、公政連発足の発表があったのは発足二ヶ月後の1962(昭和37)年1月26日本部幹部会の席上であった。
 この間、如何なる理由によって発表が遅らされたのか明らかではないが、宗教団体がその外郭団体・外部組織として政治結社を持つことに対して、学会上層部においても意見の統一が困難であったことを物語るものではなろうか。
 また発表の前日、1月25日に、1957(昭和32)年参議院大阪補欠選挙の際の池田に対する戸別訪問、選挙違反容疑について、証拠不十分により無罪判決が下った事を見ての発表とも考えられる。
 いずれにせよ、この間の秘密主義的な経過は、1974(昭和49)年から75(昭和50)年にかけての、学会と日本共産党による「十年協定」の締結のケースとその経緯が全く酷似しているように感じられるのである。 (つづく)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-13 02:19 | 政治
 池田大作が1960(昭和35)年5月に創価学会第三代会長に就任するまで、マスコミの多くは学会の分裂や崩壊を信じ、報道していた。
 それは戸田の個性、印象があまりに強過ぎたためであるかも知れない。
 しかし学会員にとっては、戸田の死こそは彼らの信仰を検証する良い機会であった。
 彼ら自身の方がマスコミよりも学会の分裂や崩壊の危機を感じていたのである。
 それを「団結(=異体同心)」により乗り越え、また分裂を招くような言動を「破和合僧」「謗法」「師敵対」などと定義づける事によって、学会は未然にその危機を回避したと考えられる。
 その後、池田が会長となり得たのは、彼の政治や文化に対する積極性が、学会の大半を擁する青年部の支持を得たからに他ならない。
 また積極策こそが戸田の路線を正しく継ぐものと理解されていたのである。
 それは、池田の会長就任までの2年間に経験した、統一地方選挙と参議院選挙(ともに1959年)に、前者は立候補333名中289名、後者は6名全員の当選を見たことにより学会員に信じられることとなった。
 それと同時に、それを陣頭指揮していた池田に対する学会上層部からの評価は急激に高まったのであった。 (つづく)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-11 03:34 | 政治
 法要当日に代読された岸、松永両氏の祝辞の抜萃は次ぎの通りである。

《  正宗の発展を喜ぶ
           総理大臣 岸 信介
 大導師日興上人がこの地に大法弘通の法基を定め、立正安国の大旗を掲げ、正法広布に努められましたことは、わが国仏教史上に一時代を画したものでありまして、誠に意義深いことと存じます。
 大石寺が日蓮宗門史上に占める位置は今更申しあげるまでもありませんが、六百余年前から富士岳麓の名刹として一般に景仰され、今ここに大講堂の完成を見るに到りましたことは御同慶にたえないところであり、ますますその真価が内外に発揚されることを深く喜ぶものであります。
 現下、思想的にも、道義的にも憂慮を禁じ得ない事象の発生を見ており、祖国再建の途はなはだ峻険であります。宗門の各位におかれては国民が極端な思想に左右されることなく、伝統の道義を重んじ、正しい愛国の精神と高い民族的自覚を堅持して、新日本再建にまい進するよう、強力な布教に努力されんことを切望してやみません》

《  世界平和の確立へ
          前文部大臣 松永 東
 日蓮正宗は日蓮聖人を宗祖とし、日興上人を派祖とされております。すなわち正応三年日興上人が身延を出でて秀麗富士の麓大石原の地に大石寺を建立されたのに由来しております。−−中略−−その間僧俗一致して布教活動に努力せられ、今日の教勢を見るに至ったことは各方面の斉しく注目するところであります。
 世界平和の確立は今や世界をあげての重大課題でありますが、今後わが国の尽すべき使命と責任とはまことに大なるものがあります。いわんや国際連合の非常任理事国となった今日われわれ国民は世界的視野をもち高い倫理性にめざめて、この崇高な理念と友愛とに立脚した自覚あり節度ある生活行動をとるものでなければなりません。道徳教育ないし道徳の問題が社会の関心をたかめているゆえんもまたここにあるといえましょう。
 このように道徳的心情を確立することが今強く要請せられるにつけその基底として宗教のになう役割が大きく高く評価されるとともに社会の眼もまたここに多く注がれているのであります。
 貴宗教におかれても深く思いをここにいたされ、大講堂の落成を新たな契機とせられて、更に一層御精進あらんことを希望してお祝いのことばといたします。》

 しかし学会と保守権力とのさらに緊密な関係の構築は、この発言の約ひと月後の4月2日、戸田の急逝により実現出来なかった。
 戸田亡き後、創価学会で保守勢力のパイプとなったのは北条雋八であり、後には北条の甥である北条浩の存在が大きかった。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-10 02:49 | 政治
 1958(昭和33)年3月1日に日蓮正宗総本山富士大石寺で行なわれた“法華本門大講堂”の落慶法要には、当初、時の内閣総理大臣岸信介と前文部大臣松永東の出席が予定されていた。
 しかしそれに対して自民党党内実力者の強い反対により、岸、松永ともに欠席した。
 岸首相は代理として夫人と秘書官であった娘婿の安倍晋太郎を出席させた。
 戸田は当日のあいさつの中で次ぎの様に語った。

《岸先生の名声のある限り、このお山で岸先生の武運長久を祈ろうと思った。これはお山で大問題でありました。
 法主さまに直接私が談判して(中略)だいたい御了承願った》

 戸田は法華講大講頭、創価学会々長という地位と大講堂の寄進という「ムチとアメ」を利用し、日蓮正宗の信者でもない岸首相の「武運長久」を総本山で祈願させようとし、それが大体認められた……この事実は戸田の逝去によってウヤムヤになったが、この事は当時すでに学会と政治権力がきわめて緊密な関係にあった事を物語るものである。
 たとえば、政財界の大物のひとりであった塚本素山は日蓮正宗の法華講信徒でもあり、戸田ともきわめて近しい関係にあった。
 戦前の創価教育学会時代、すでに政治家たちとの関係はできていた。
 犬養毅、鳩山一郎、河野一郎、松野鶴平、などなど。
 さらに、戸田が終戦間際から戦後にかけて事業の再建についてアドバイスをうけた古島一雄は犬養毅の盟友であり、戦前から交友関係があった。
 岸との関係は、戦前からとも、戦後巣鴨拘置所で出会ったともいわれているが、詳しいことは明らかではない。
 しかし、戸田が戦後、巣鴨拘置所に何度も通ったことは事実である。(余談ではあるが、その際に、いわゆる「BC級戦犯」のひとりに対して、わら半紙のようなものに「南無妙法蓮華経」と書いて拝むように勧めたという事実もある。)
 また、右翼の児玉誉士夫とは岸を通じて知りあったといわれている。
 ちなみに、児玉は後年、外国人記者のインタビューに答えて、「創価学会のおかげで日本は共産革命から守られた」というような発言をしている。 (つづく)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-08 16:59 | 政治
(承前)

 参議院選挙の結果は全国区2名、地方区1名の当選者を見、半数当選を一応の勝利とした。また戸田は機関誌『大白蓮華』8月号から「王仏冥合論」の連載を開始し、6回にわたって政治進出の教学的理論づけを行なった。
 その冒頭において戸田は、

《このたびの参議院選挙戦では、大いに社会の注目をひいた。宗教団体であるわが学会人のなかから、政治家をだすのかということについて、内外ともに、いろいろの議論がでている。たとえば、日蓮正宗を国教にするとか、また何十年後には、衆参両院の議席を学会人で占めるとか、または創価学会が日本の政治をとるとかいう、あらゆる妄説が唱えられている現状である》

と述べて、「国教化」「衆参両院の議席獲得」「政権獲得」などの議論を全て「妄説」として否定したが、続けて、

《しかしわれらが政治に関心をもつゆえんは、三大秘法の南無妙法蓮華経の広宣流布にある。すなわち、国立戒壇の建立だけが目的なのである》

と全く矛盾する内容を述べている。
 たしかに戸田の存命中は「衆参両院の議席獲得」「政権獲得」は否定され続けたが「国教化」については否定も有名無実であったと言えよう。
 これに反し第二期に入ると池田会長のもとに「国教化」は完全否定され、残る二つは公明党の結成によって反古となってしまった。
 もっとも戸田が「衆参両院の議席獲得」「政権獲得」を打ち消しても、彼の愛弟子のひとりであった池田大作参謀室長(当時)は12月の第五回男子部総会において、

《身延を代表した内閣(引用者註・石橋湛山内閣を指す)が組織されることは、まさしく戒壇建立の暁にはわが学会員にとり、かつ、わが男子青年部の手によって内閣を結成して、王仏冥合を、大聖人様の御予言を達成すべき瑞相ともいえる》

と述べ、後の政権を目指す政党としての公明党の誕生を予言するかのような発言をしている。
 もしくは、この発言を踏まえて公明党の結成および衆議院進出が決定されたと言うべきであろうか。
 池田の発言は往々にして大言壮語の観があるが、かつての1954(昭和29)年3月に行なわれた男子青年部第一部隊総会でも、

《今後の闘争は、政界、経済界、教育界への進出にある》

と激をとばし、政界への進出、更には今日の創価学会の広範な活動、つまり総体革命路線を予測させる内容を、その発言中に示唆していた。 (つづく)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-05-07 03:07 | 政治