FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

コミュのルールのお手本

ウェブサイトで日蓮正宗信仰圏に関する最も良心的で、かつ影響力のある議論掲示板である

「富士門流信徒の掲示板」
http://jbbs.livedoor.jp/study/364/#7

の、書き込みルールは、「議論系」の良いお手本になると思います。

以下に、その抜粋を紹介させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
【書き込みの基本原則】

1.意見交換、相互理解の場との主旨から、話合いを重んじてください。  
①差し支えない限り、自己紹介スレッドで自己紹介をしてください。また、相手に対する敬称は『〇〇さん』で統一して戴きたいと存じます。
②感情的表現を避け、できるだけ冷静に話し合ってください。 
③掲示板参加者に対する、一方的な個人攻撃は慎んでください。

【禁止事項】

1 上記の、当掲示板の主旨に明らかに反する書き込みは、理由の如何を問わず削除します。さらに書き込みを続けられた場合は、その方を以後投稿禁止とします。

2 「非礼・無礼、人権侵害、言葉の暴力」等の侮辱表現、侮辱発言は、理由の如何を問わず堅く禁止します。もし、そのような表現や発言が見うけられた場合は、 管理者がその都度、御注意申し上げると共に、その該当する表現、発言を含むレス全体を削除致します。なお、管理者の制止を無視して、侮辱表現、侮辱発言を 続けられた場合は、以後の投稿をお断りする事になりますので、予め、御承知置き下さい。

3 他人の個人情報(実名、住所、年齢、電話 番号、メールアドレス、家族構成、勤務先情報、等)を、掲示板で公開してはならない(ペンネーム、ハンドルネームと実名を特定させるような書き込みを含み ます)。但し、以下の一から五については、この限りではないが、これらの個人情報の公開に当たっては、充分個人の人権に配慮し、節度を持って行うこと。

一、紙名、年月日を明記した上で、個人情報が含まれる新聞記事を転載すること。
二、情報源を明記した上での、公人認定されている方の個人情報を紹介すること。
三、情報源を明記した上での、公人に準ずる人(会の代表者幹部など)の個人情報を紹介すること。
四、故人であって、歴史上の人物として定着している人の、個人情報を紹介すること。
五、本人の依頼による場合。

4  無意味な多重投稿・反復投稿を禁止します。同じ文章の連続投稿、或いは、文章は同一でなくとも内容的に同じことを繰り返し投稿された場合は削除致しま す。なお、根拠を示せないとか、すでに論理が破綻しているとかにもかかわらず、臆面もなく投稿し続けられた場合は、無意味な多重投稿・反復投稿とみなし、 削除致します。

5 特定教団の教えの布教を目的として当掲示板を利用することを禁止します。特定教団の教えの布教を目的とした書き込 みがなされた場合は、管理者がその都度、御注意申し上げると共に、その該当する表現、発言を含むレス全体を削除致します。なお、管理者の制止を無視して、 特定教団の教えの布教を目的としした書き込みを続けられた場合は、以後の投稿をお断りする事になりますので、予め、御承知置き下さい。

6 投稿した文書が、他所からの引用文であることが明らかであり、かつ本文がなく、引用文のみで、かつ引用元を示さない投稿は著作権を侵害している恐れがありますから、そのレスを削除させていただきます。

当掲示板に投稿される方は、何人にも拘らず、必ず、この書き込みのルールを御守ください。

なお、投稿に当っては、話し合いを重んずるという、当掲示板の基本方針をご理解戴き、一般の方が読んでも難解でない様な、できるだけ平易な文章を心掛けて戴けると幸いに存じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
「富士門流信徒の掲示板」は、2001年の1月に開設されてから、すでに51万4000以上のアクセスがある。

ほとんどの書き込みが、真面目にルールを遵守し、真剣に議論をおこなっている。

たまに、創価学会・日蓮正宗・顕正会などの、盲信的ガチやバリが書き込むと、それぞれ立場や考え方の異なる参加者から一斉にクレームや疑問・質問が浴びせられて、あっという間に遁走することになる。

もちろん、悪口だけを言いたいものも、同様に駆逐される羽目に陥る。

これは、さまざまな問題に対して、参加している人たちが、真剣に考え、それぞれが問題を解決しようと務めていることの表われだと思う。

創価学会問題についても、そろそろ建設的な批判が必要な時期にきているのではないだろうか。

私は、孫たちの世代にまで、この問題を長引かせたいとは思わない。

そのためには、悪口・中傷・罵倒などはもちろんのこと、根拠の無い風説・デマ・ガセネタの繰り返しは止めるべきだと思うのだ。

少しづつでもいいから、そのように考える人が増えてくれればと、心から願っている。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-18 10:57 | メモ

犯行声明文が公表された

d0153496_383633.jpgグリーのニュースではテレビ画面からのキャプチャーのようで、よく見えませんが、「徳島新聞」のホームページ、ニュースサイトにも写真が出ています。
http://www.topics.or.jp/contents.html?m1=2&m2=&NB=CORENEWS&GI=Kennai&G=&ns=news_122405296754&v=&vm=1
一部、読みづらい部分がありましたが、次のような内容でした。
・・・・・・・・・・・・・・・
我々は、
「世界平和」
「民族皆家族」
を願う。
創価学会は、人類に有害な上、
表舞台の権力者や市民生活を脅
かす。
中国は、誇れる長い歴史はあ
るが、大国であるが故に勘違い
の価値観と国際的モラルに
欠ける。
この度は、あえて人的被害を
避けたが、悔い改めなければ
血肉を消滅させることで
浄化する。
民族義勇軍 山雄
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-16 03:11 | 事件
政教分離で民主・公明がバトル=創価学会・池田氏招致に言及
                                       時事通信(2008/10/15-20:21)

  15日の参院予算委員会で、民主党の石井一副代表は、創価学会の絶対的な指導者である池田大作名誉会長の名前を挙げて、政教分離の観点から公明党と創価学 会との関係を執拗(しつよう)にただした。石井氏としては、次期衆院選をにらみ、学会の与党候補への支援活動を鈍らせるのが最大の狙い。これに対し、公明 党議員が猛反発するなど、激しいバトルが展開された。
「学会施設が選挙マシンと化すわけです」−。石井氏は、昨年7月の参院選時に学会施設で行われた会合を録音したとされるテープを手でかざして、こう断じた。石井氏が「テープで民主党を『仏敵だ』と言っている」などと紹介すると、室内は与党議員のヤジで騒然となった。
石井氏はなお、言論活動を妨害されたとして学会幹部らを提訴した矢野絢也元公明党委員長らの参考人招致を要求。「場合によっては、池田名誉会長にもおいでいただきたい」と池田氏招致もちらつかせた。
麻生太郎首相は「政治家でない人を安易に参考人招致するのはいかがか」と、関係者の招致に反対の考えを強調。この後、質問に立った公明党の山口那津男政調 会長は「補正予算案と関係ないことを、とうとうと述べるのはいかがなものか」と石井氏を激しく非難した。北側一雄幹事長ら幹部も石井氏の質問を事前に予想 し、国会内の一室に集まりテレビ中継を注視。「勝手に言わせておけばいい」(幹部)といった声が上がった。
もっとも、矢野氏自身が国会での証言に積極姿勢を示しており、仮に実現すれば、公明党のイメージダウンになるのは必至。いわんや学会幹部の招致など、絶対に阻止したいのが本音だ。実際、1995年に、当時の秋谷栄之助会長が参考人で招致されている。
「政治と宗教に関する集中審議を今後強く求めていく」。民主党の梁瀬進参院国対委員長は15日の記者会見で宣言した。同党は、矢野氏らの招致を避けたい公 明党が首相に早期解散で圧力を掛けることも期待している。首相が解散に踏み切らない限り、公明党への揺さぶりを続ける構えだ。(了)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
石井氏の質問について、ニュースでは、この時事通信の記事がいちばん詳しく報じている。

しかし、もしかしたらこれは、公明外しのウルトラ技なのかもしれない。

解散総選挙を先延ばしにして、民主党が創価学会と公明党を追及し続けることで、世論には公明党に対する疑惑や忌避感が大きくなる。

さらに、先延ばしすることで公明党の選挙運動の実動部隊である創価学会が疲れ、いざ総選挙となっても十分に動かなくなる可能性もある。

おそらく次の内閣は公明党と組むことはしないのではないだろうか。

まぁ、これは願望なのだが。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-16 03:05 | 政治
■選挙はドラマチック?公明党が新手のPR作戦
(読売新聞 - 10月14日 20:05)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=636540&media_id=20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もしも「シナノ企画」ならば、創価学会の外郭企業。

つまり政権与党が宗教団体の外郭企業に仕事を発注し金銭を支払うことになるが……。

創価学会も公明党も、よくもまぁ次から次へとネタを提供してくれるものである(苦笑)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-15 04:56 | 政治
創価学会施設に爆発物=日中友好協会ビルも?−建造物損壊で捜査本部・徳島県警 (時事通信社 - 10月14日 14:01)
 13日朝、徳島市南沖洲の創価学会徳島文化会館の玄関ドアのガラスが破損しているのが見つかった。14日朝には、同市南内町の徳島県日中友好協会が入るビルの玄関入り口のガラスドアが割れているのが分かった。いずれも爆発物を使用した可能性があり、県警捜査一課は関連性があるとみて、徳島東署に捜査本部を設置。建造物損壊事件として捜査している。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=636096&media_id=4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうなると、自作自演説は、ほぼ消えたようですね。

考えられるのは、「右翼」による示威・脅迫行動という可能性でしょうか。

いづれにしても、「アンフェア」であることはたしかです。

一連の行為が「反創価学会」「反中国」の運動などにとってマイナスでしかないことは明らかであると考えます。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-15 04:53 | 事件

これはテロなのか

■創価学会施設ガラス戸破壊、爆発物?破片散乱…未明の徳島
(読売新聞 - 10月13日 17:28)
13日午前8時30分ごろ、徳島市南沖洲5、創価学会徳島文化会館で、玄関のガラスドア(高さ約2・3メートル)の一部が割れているのを出勤した職員が見つけ徳島東署に通報した。
近所の住民が午前4時30分ごろに「ドーン」という爆発音を聞いており、同署は、爆発物を使って壊されたとみて建造物損壊容疑で捜査を始めた。
発表によると、ドアのアルミ製の枠が高さ約1メートルの部分でこぶし大にへこみ、その近くのガラスが割れ、破片が約30メートル範囲に散乱していた。
天井にも爆発物とみられる破片が突き刺さり、蛍光灯も割れていた。けが人はなかった。
爆発音を聞いた住民の男性(49)は「大きな音がして目が覚めた。トラックがぶつかったのかと思っていた」と話していた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どのような人物かどのような意図と目的で行なったのかはわからないが、これは非日本的な行為だと思う。

かつては日本共産党による武装闘争や新左翼過激派による爆弾闘争があったが、これらも非日本的手法であった。

左翼による武力行使は、無関係な一般市民を多く犠牲者として巻き込み、その行動に責任を取らぬ「逃走・逃亡」を專らとする卑怯未練を当然のこととした。

我が国における「テロリズム」は、井上日召の血盟団事件にみられるように、
一人一殺
一殺多生
の律と戒めがあり、十一面観音の「暴悪大笑面」のごとき側面を持っていた。

つまり、ある種の慈悲である。

暴力を無条件に肯定しているのではない。

我が国のテロリズムは基本的には権力に向けられてきた。

創価学会が権力であるかは議論のあるところであるが、少なくとも「地方会館」などを標的とする行為は、日本のテロリズムには馴染まない、左翼的発送でしかないのではなかろうか。

しかも深夜、人のいないところへの爆発物による攻撃は、たんなる脅迫に等しい愚行に思える。

人的被害がなかったことだけが救いかもしれない。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-14 04:16 | 事件
以下は、あるコミュに書いたコメントです。

以前、日記にも同様の主旨の記述をしましたが、公明党に対する関心が高まってきているので、あらためて問題を指摘させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・
創価学会が政治活動をすることを批判しているのではありません。

学会員さんたちが

「これも信心だ」

という名目で選挙活動に利用されているのも、学会員さんたちの自由かもしれません。

ただ、私は、池田さんの発言通りに公明党とは創価学会政治部の発展形と認識しています。

そして、公明党が創価学会政治部の発展形であるならば、それは宗教法人創価学会の活動の一環以外のなにものでもありません。

つまり、国会から地方議会にいたるまで全ての公明党議員は、宗教法人創価学会の活動の一環として政治を行なっていることになります。

私は、憲法の政教分離の原則に照らして、宗教法人創価学会の活動の一環として政治を行なっている公明党および公明党議員に対して、政党助成交付金や議員報酬などを、公金から支出するべきではないと考えます。

そのかわりの財源は、創価学会が全額提供するべきでしょう。

宗教法人創価学会の活動の一環に対して公金を支出することは不必要であるばかりか、特定教団への援助行為に該当すると考えます。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-12 23:19 | 政治
グリーの「ったく書庫」に

<「戒壇板本尊」関連資料>
のコーナーを作り、資料をアップしました。

<「小樽問答」全記録>
の12をアップしました。


ミクシィの「ミったく書庫」に

「創価学会関連書棚」
「顕正会関連略年表」
のコーナーを作り、記事をアップしました。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-12 04:39 | メモ

資料室を作りました

ミクシィ
「ミったく書庫」招待制
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3740677

グリー
「ったく書庫」承認制
http://gree.jp/community/528788

創価学会・公明党・日蓮正宗・顕正会、その他にも宗教関連の資料を随時アップしていきます。

バトルは完全禁止です。

また、宗教・他コミュへの勧誘行為も完全禁止です。

参加御希望の方は、ミクシィのメッセかグリーメールでどうぞ。

誹謗中傷罵詈雑言発言をしない人限定です。

図書館で黙っていられない方は御遠慮下さい。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-10 17:16
創価学会攻防史の研究06未掲載分06
「前書き」ならぬ「前聞き」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(承前)

○そうしますと、池田大作氏は創価学会インタナショナルの会長でもありますから、国内外の組織の最高責任者ということになりますね。

●ところが簡単にそうであるということもできないのです。
 
会則においては、宗教法人創価学会の一部門として「創価学会インタナショナル」いわゆるSGIが「設置」されているのです。
 
ところが、イメージとしてはSGIの下に日本をはじめとする各国の創価学会組織が並んでいるように思わせています。
 
SGIは、宗教法人創価学会の内部組織ですから、どのような「規約」を作ろうが法人格はなく、いうならば任意団体のようなものでしかありません。

「SGI会長」という役職は、じつは創価学会の局長クラスの役職に相当することになります。

 宗教法人法に基づく「宗教法人創価学会規則」では代表役員は理事長ですが、これは法律上のことで、「創価学会会則」によれば創価学会会長が創価学会を「統理する」ことになっています。
 
SGI会長の権限というものについては、「規則」にも「会則」にも、なにひとつ定められていませんし、宗教法人創価学会の責任役員でもありませんから、宗教法人法上の責任を負う法的根拠もありません。

 つまり、池田氏は内部的に最高権力者ではあるけれども、法的には最高責任者ではない、ということになります。

 もっとも、創価学会員にいわせれば、池田氏は「会員の代表であっても権力者ではない」ということになるのですが(苦笑)。  (つづく)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-10-06 01:08 | 創価学会攻防史