FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 創価版の正式な書名は、たんに、「日蓮大聖人御書全集である。
 「新編」も「創価学会版」もない。
d0153496_18151119.jpeg

 かつて記されていた、
 「日蓮正宗」や「大石寺版」という表記も同じである。
 それは扉や奥付を見れば明らかである。
d0153496_18175710.jpg
d0153496_19152285.jpeg
 これらの文字は、本体の背表紙と函の背に記されているだけで、いってみればキャッチコピーのようなものでしかないのである。
d0153496_18220759.jpg
d0153496_18512404.jpeg


 創価版は「全集」とはいうものの凡例によれば、日蓮の真筆であっても、
 「建長五年宗旨建立已前の戒体即身成仏義等数篇」
 「現代教養に裨益なき十王讃歎抄・八大地獄抄等」
 「純天台なる三八教・秀句十勝抄等の如き縦い御真筆でも御抄録分と見做して」
掲載せず、逆に、
 「真偽未決の問題となるものも信行に資するものは之を取る。」
という。
 要するに、都合の良くないものは掲載しないが、都合の良いものは掲載する、ということである。
 これで「全集」と名づけるのだから度胸があるとしかいいようがない。
 たとえば「立正安国論」などは、後年、日蓮自らの手で増補訂正したいわゆる「立正安国論広本」の真筆が現存しているが、創価版には掲載されていない。
 また、真筆は現存しないものの、いわゆる「録内」には収録されている「波木井殿御報」も掲載されてはいない。
 この「波木井殿御報」は、弘安五年九月十九日の日付けがあり日蓮最後の文といわれるものである。
 こうしたものが掲載されず、古来より日蓮の遺文とはみなされていなかった「本因妙抄」や「百六箇抄」は「相伝書」として掲載されている。
 しかしこの二書は古写本もなく、元々は大石寺のものですらない。
 本因妙抄の写本は、京都要法寺日尊本、保田妙本寺日我本、京都要法寺日辰本など。大石寺日時本というのがあるとされるが公開はされていないし、創価版の目次では出典つまり底本は富士宗学要集の第九巻資料類聚となっている。
 百六箇抄の写本は、北山本門寺日山本、保田妙本寺日我本、京都要法寺日辰本・保田妙本寺日山本西山蔵。こちらも出典を富士宗学要集の第九巻資料類聚としている。
 「相承書」としては「身延相承書」「池上相承書」「産湯相承書」が掲載されている。
 このうち、「身延相承書」は、ほぼ偽書とみなされているが、「録外」に収録されているため、他の日蓮宗系の遺文集にも「日蓮一期弘法」などの書名で、いちおうは掲載されている。
 もうひとつの「池上相承書」は「録内」「録外」はおろか、ほとんどの遺文集や遺文目録にも掲載されておらず完全な偽書扱いのものである。

 身延相承書池上相承書は、京都要法寺日廣本、京都要法寺日辰本西山本門寺蔵、北山本門寺日出本が主な古写本であるが、創価版では富士宗学要集の第九巻資料類聚が出典となっている。
産湯相承書」も、日山写本、日悦写本、左京日教本などがあるが、これも同様に富士宗学要集の第九巻資料類聚が出典である。
 御義口伝は、上巻は京都要法寺日経本と大石寺本、下巻は京都要法寺日経本があるとされているが、創価版は既刊の「日宗社」の活字本をそのまま掲載している。
 同様に御講聞書も、京都要法寺の大永本を使用しないで、これも「日宗社」の活字本をそのまま掲載している。
 こうした恣意的な取捨選択による編集や既刊本の転載による遺文集では、

とてもではないが「古今を通じて最も誇り得べき」「全集」の名に値しない
のではないだろうか。

 創価版は、「日蓮遺文」「付録日興上人書(三編)」を目次に掲載しているので、これを本編とみなせるが、収録されている日興著作については以下のようになる。
富士一跡門徒存知事は富士宗学要集第一巻相伝・信条部が出典・底本だが、これは大石寺蔵の日誉本に堀日亨が他の写本と照校し校訂を加えたというが、日興の直筆は存在していないし、古写本もない。しかも書写した日誉は、大石寺の僧侶ではなく重須(北山)本門寺の僧侶である。
五人所破抄は日興の談を日順が草案としてまとめたとされるものであり厳密には日興の著作とは言えず、日順の直筆もなく、写本としては重須本門寺日代本、京都要法寺日辰本、下条妙蓮寺日諦本などがあるが、富士宗学要集第二巻宗義部を出典・底本としている。
日興遺誡置文日興の直筆はなく、写本は保田妙本寺蔵日我本があるが、出典・底本はこれも富士宗学要集の第九巻資料類聚となっている。
 つまり、戸田城聖が「発刊の辞」で述べるような、
「最も重要なる血脈抄・本因妙抄等日蓮正宗門外不出の御抄」
なるものは、本因妙抄には伝日時写本とされるものがあるというものの真筆はひとつもなく、他の文書も主要な写本も全て大石寺日蓮正宗のものではないし、掲載されている日興の著作も真筆がなく全て写本で、大石寺にあるという「富士一跡門徒存知事」の写本も重須(北山)本門寺僧侶日誉による江戸時代のものである。つまり
これらはみな「日興門流の文書」ではあっても、けっして「日蓮正宗大石寺の文書」ではないのである。
 仮りに「日蓮正宗門外不出」というならば、他山他寺の写本ばかりなので日蓮正宗のものとして出すことを憚ったということではないか。それを堀日亨が得々として出したものに戸田城聖が飛びついてしまったわけである。文字通り典型的な我田引水の見本のようなものである。

 創価版の巻頭の目次にはないが、巻末には、
 「弟子檀那等列伝」
 「年表」
が掲載されており、これは付録ということだろう。もっともこれも行道文庫版の模倣である。
 「弟子檀那等列伝」は文体からも「編者」である堀日亨のものと思われる。
 「年表」については、堀日亨が「序」で次のように記している。
 「
殊に学会の教学部に於いて(中略)略伝年表まで作成されたことは望外の僥倖であつた」

 余談ではあるが、2015年10月に行なわれた創価学会の会則変更について、「創価学会は大石寺の板漫荼羅を否定した」などという批判もいまだになされているが、それはまちがっている。
 変更された会則では曖昧かつ微妙、玉虫色とも鵺的ともいえる表現である。
 創価学会の根本経典は昔も今も創価版の「日蓮大聖人御書全集」であり、厖大に出版されている書籍のほとんどが聖教新聞社発行であるのに対して、この創価版は創価学会発行で一貫している。なお、「編年体 日蓮大聖人御書」も昭和四十八年発行の初版は創価学会の発行となっているが最新版は未見のため不明である。
 そこで創価学会版に付された年表である。
 弘安二年の項には次のように記されている。

身延に在り、九月熱原の法難あり、十月戒壇の大御本尊を末法万年の為に書示せらる(年表16頁)
 会則の変更がなされても年表の板漫荼羅についての記述には変更がないのだ。
 ちなみに、編年体初版の年表38ページでは、
○10・12 一閻浮提総与の本門戒壇の大御本尊を建立される〔曼荼羅脇書〕
と、ゴシック体で記載されている。

 年表は創価学会教学部の作成なのであるから、板漫荼羅を否定したのであればこの年表の記述も変更もしくは削除してよさそうなものである。
 根本経典である創価版の中で依然としてそのまま残しているということは、現段階で創価学会は板漫荼羅を否定するつもりはない、ということであろう。
 これはおそらく長期的な戦略に立った上での選択であると思われる。


[PR]
by siawaseo_anatani | 2016-11-14 08:08 | 学会系出版物