FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

タグ:人生地理学 ( 4 ) タグの人気記事

創価教育学会会長・牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)の最初の全集。

戦後約20年のあいだ、「創価学会初代会長」の著作は会員の目に触れることなく封印されていました。

人名索引、国名・地名索引、事項索引が巻末にあるので第三文明社版よりもある意味では便利です。

・・・・・・・・・・・・
『牧口常三郎全集 第4巻 人生地理学 下』
東西哲学書院、1965年(昭40)8/26
上製、函、666ページ(第11版を原本とし校訂)

巻頭折り込み図版
d0153496_23273448.jpg

 世界文明の中心
 世界人種分布
 世界の人口分布

序(池田大作)/1〜3

凡例/1

目次/1〜10

 距離および温度の改算/1

第八版 訂正増補について 牧口常三郎/3〜6

第2篇 地人相関の媒介としての自然/7
 第14章 無生物/9
 第15章 太気/45
 第16章 気候/55
  日本等温線図/62
  日本気圧および風向図/78
 第17章 植物/99
  写真 インド・ダージリンの茶摘み風景/110と111の間1P
  写真 奄美大島のサトウキビ畑・北海道嬬恋のバレイショ畑/110と111の間1P
 第18章 動物/151
 第19章 人類/205
第3篇 地球を舞台としての人類生活現象/229
 第20章 社会/231
 第21章 社会の分業生活地論/253
 第22章 産業地論上/289
 第23章 産業地論中/311
 第24章 産業地論下/343
  写真 造船所全景 岡山玉野市三井造船/3500と351の間1P
  写真 タンカーの公航試運転・タンカーの進水式/350と351の間1P
 第25章 国家地論/393
 第26章 都会および村落地論/437
 第27章 人情風俗地論/493
 第28章 生存競争地論/509
 第29章 文明地論/525
第四篇 地理学総論/537
 第30章 地理学の概念/539
 第31章 地理学の発達/569
 第32章 地理学の名称ならびに人生地理学の科学的位置を論ず/585
 第33章 地理学の研究法/597
 第34章 地理学の予期し得べき効果および必要/611

あとがき(和泉覚)/619〜621

事項索引/後15〜30
国名・地名索引/後6〜14
人名索引/後1〜5
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-10-12 23:28 | 学会系出版物
創価教育学会会長・牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)の最初の全集。

戦後約20年のあいだ、「創価学会初代会長」の著作は会員の目に触れることなく封印されていました。

人名索引、事項索引、書名索引が巻末にあるので第三文明社版よりもある意味では便利です。

・・・・・・・・・・・・
『牧口常三郎全集 第3巻 人生地理学 上』
東西哲学書院、1965(昭40)年7/23
上製、函、447ページ(初版を原本とし校訂)

巻頭折り込み図版
 現代の世界(二つの世界)
 六大強国権力一覧(英国海上権力一覧)

序(池田大作)/1〜3

凡例/1

目次/1〜7

 距離および温度の改算/1
d0153496_2236496.jpg

原版の序/1〜6

緒論
 第1章 地と人との関係の概観/1〜10
 第2章 観察の基点としての郷土/11〜18
 第3章 如何に周囲を観察すべきか/19〜34
第1篇 人類の生活処としての地/35
 第1章 日月および星(地上現象の総原因としての)37〜48
 第2章 地球/49〜74
 第3章 島嶼/75〜92
 第4章 半島および岬角/93〜105
 第8章 地峡/107〜116
 第9章 山岳および渓谷/117〜160
 第10章 平原/161〜192
 第11章 河川/193〜235
 第12章 湖沼/237〜253
 第13章 海洋/255〜294
 第14章 内海および海峡/295〜316
 第15章 港湾/317〜357
 第16章 海岸/358〜390

あとがき(神尾武雄)/391〜393

索引/後1〜32
 人名索引/後1〜6
 国名・地名索引/後7〜18
 事項索引/後19〜30
 書名索引/後31〜32
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-10-10 22:38 | 学会系出版物

牧口常三郎と柳田國男

創価教育学会というのは、創価教育学という牧口常三郎独自の思想だけではなく、初期においては、

◎社会的側面では大日本皇道立教会の友好的別組織

◎個人的側面では、川面凡児の禊流の影響を強く活動方法に受け

◎信仰的には日蓮正宗の中でも異質な堅樹派の流れを汲み

◎教育方面では教育学というよりも社会学の影響が強い

そういう多面性を持っているわけです。

つまり、創価教育学会は設立当初から「総体革命」を目的とした団体だったともいえます。

ちなみに、このような立場の牧口常三郎と柳田國男が相容れるわけもありません。

なにしろ、柳田國男は必死に大政翼賛し御用学者になりたかったのになれなかった人物です。

だから柳田國男は折口信夫に嫉妬したわけです。

柳田國男の民俗学は、フォルクロアではなく文芸といっていい。

柳田國男は、悪人だけれど処世の勘が優れていた。

牧口常三郎は善意しかなかったが、処世の勘が鈍かった。

昭和15年以降の牧口常三郎は、総体革命から宗教革命に方針を転換したということでしょう。

ただし、それは純粋な日蓮正宗による宗教革命ではなかった、ということです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
菅田正昭さんから指摘があり
「神道禊教」

「川面凡児の禊流」
と訂正いたしました。

菅田さん、ご指摘いただきありがとうございます。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-08-04 12:47 | メモ
 牧口さんの思想はおそらく亡くなるまで「人生地理学」をもって原点とし基本としていたように思います。

 その思想を「どのように実社会において有効たらしめるか」というところから彼の宗教遍歴と運動の変遷があったと考えるべきでしょう。

 戸田さんは、その牧口さんのある部分を継承したとはいえるでしょう。

 牧口さんの「人生地理学」における思想的到達点とは、ある意味では「発見」であり「卓見」であり「創造」でもありました。

 それをそのまま篋底にしまい込んでいればそれは「個人」に属するものでしかありません。

 修行とか達観というのもきわめて「個人」に属するものなのです。

 また「思想そのもの」も同様です。

 それらと実社会の間にはなんら直截的つながり、脈絡といってもいいですし関連といってもいいですが、それはありません。

 その「個人」がそれらを意志的に社会に機能させようとして、はじめてなんらかの「意味」をもつということです。

 牧口さんの場合は「d0153496_16225246.jpg人生地理学」の出版を考えたことで「意味」が生じ、出版したことで「社会性」を持つこととなったわけです。

 その「個人レベル」での「意味」というものを「存在意義」ととらえるか、それとも他のなんらかのものとしてとらえるのか、それはある種の「カテゴライズ」であり「価値判断」に属することになります。

「宗教」とはまさに「カテゴライズ」であり「価値判断」による囲い込みであるわけです。

 さらにその強度を人為的に支配するのが「教団」ということになります。

 つまり
○個人における「思想」「信仰」「修行」「達観」などというものは「社会性」とは直截には関係がない。
○それらが「宗教的共同体」として成立することによって社会と関わることになるが、ここで「個」と「社会」との葛藤が生じる。
○その葛藤を宗教的共同体の中において合理化することで「教団」が発生する。

 大ざっぱにはこのような段階があると思います。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-04-30 16:23 | メモ