FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

タグ:日蓮宗 ( 3 ) タグの人気記事

小樽問答・全記録 002

以下の文には「編集著作権」があります。引用する場合は、本ブログからであることを必ず明記して下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日蓮宗司会者挨拶 本日はこの画期的な日蓮宗講師側と日蓮正宗創価学会教学部との対決の学会を開催致しましたるところ、多数御来場賜わりまして、司会者と致しまして、誠に感謝感激に堪えない次第であります。謹しんでお礼を申し述べます。

 開会に先き立ちまして、お題目の三唱を致したく思いますので、どうぞ、その場で御起立をお願い致します。(ヤジ「どっちの題目だ」「身延か」など)

 南無妙法蓮華経
 南無妙法蓮華経
 南無妙法蓮(妙龍寺所蔵のテープでは、ここから音が消える)華経

 本日の会合の司会者と致しまして取り運びます順序、その他のことにつきまして一言申し上げます。
先ず最も大切でありますことは会場が非常に多数詰めかけておりますために、非常な混乱も起るということが想像されるのでありまするが、画期的なこの学会でございます。
聴衆の各人が一言一句も聴き洩らすようなことがありましては、誠にこの希有の大会をして汚濁に頻するということにも相成ると存じますので、両司会者の(音が入る)指図に従いまして飽くまでも静粛裡にこの大会が終了せられますよう、皆様の自粛自戒をお願い申し上げる次第でございます。

 なお時間が、只今より開会せられまして、九時十分に終了ということになっております。
講師は各二名づつ登壇致します。
講師の弁論は始め一人各十二分、更にその補足を致しますのが五分、その順序は司会の側におきまして抽選を致して決っします。
一般質問は二十分、司会者が指名致しました来聴者皆様方からの質問に応ずることに相成っております。

 なお講師の弁論が終りました後、講師間の質疑応答を三十分致しまする。
本日の学会におきまして勝敗を決するというような別に判者、判定人を別に設けておりません。
そのために勝敗ということには頓着しないのでありまするが、もしも講師間におきましてその答弁に窮した場合、約二分間を経過するものは、これは負けたりというふうにみなすのもよろしいのでございます。

 このように実は司会者側におきまして取り決めを致してあります。

 なお会場にはそれぞれ、私どもの日蓮宗側と日蓮正宗の側から警備の方が出ております。
司会者の命には絶対従って頂きまして、各会場係、警備の方の指図に従って頂きたいと存じます。

 大体申し上げる事項は右のような次第でありまするが、くれぐれも静粛を旨として頂くことを切にお願い申し上げます。

 それでは只今より日蓮宗側の講師としてお招き致しました先生を御紹介申し上げます。

 長谷川義一先生であります(拍手)
 室住一妙先生であります(拍手)
 失礼を致しました。

 学会側司会者挨拶 (拍手)えー、学会の司会を致します池田と申します。(拍手)

 全国にわたりまして日蓮正宗の、仏法の正しいゆえんによって全国にわたる間違った、邪教といい切れる日蓮宗身延派の信者が何千、何万と創価学会、日蓮正宗の信者になったということは、実に日蓮正宗が正しいという証拠であります。(拍手)

 したがって今身延派ではその身延の信仰があくまで、日蓮大聖人ように対する敵であり、仏敵であり、それに気づき日蓮正宗の仏法のみが、経文の上でも哲学の上でも、事実の現証の上でも正しいという証拠のゆえに身延をやめて日蓮正宗の信徒となったのであります。(拍手)

 ゆえに、ゆえにその状態に躍気となって今身延ではあの手この手を使って大衆を騙らかせ日蓮正宗の誹謗をなしておるの状態が今日の結果になったと思うのであります。(拍手)
されば、されば、私も身延の本山に行ってまいりました。
あくまでも日蓮大聖人様は「日蓮が魂を墨に染め流して書きて候ぞ信ぜさせ給え」そう申せられた御意志に背き、身延の本山そのもの全体が稲荷を拝み蛇を拝みあるいは小乗の丈六の釈迦を拝み、その雑乱ぶりたるや狂態の沙汰である感を覚えたのであります。(拍手)

 世間では身延山があくまでも祖山であるというふうに考えておりますが、身延と日蓮正宗との法の勝劣は、厳然たるものであり、未だかって大聖人様の真髄たる日蓮正宗の仏法が身延などの邪宗邪義に敗けておるわけが絶対にないのであります。(拍手)

 本日ここに日蓮宗、又わが日蓮正宗創価学会の教学部の小平芳平氏、それから辻武寿氏が身延の権威者であられるようなお方と対決、また法論をする状態によって、皆様が明らかに、いかに日蓮正宗が正しく、いかに日蓮宗身延派が邪道であるかということが、はっきりなされることと思う次第でございます。(拍手)

 学会教学部の先生方の御紹介を、私から致します。(拍手)

 こちらに居られるのが創価学会教学部、小平芳平先生でございます。(拍手)

 こちらに居られるのが教学部、やはり、辻武寿先生でございます(拍手)

 どうかさきほど、身延派の司会者が申されましたが、司会者の間におきましても、絶対に審判は司会者の権限にあり、また法論のしっかりした正邪というものを、あくまでもお取りしたいと考えておりますし、また場合によっては皆様方の賛否の状態も伺いたいと存じております。
どうかこれから両講師のお話に入りますけれども、よくよくお聴き願いたいと思います。
簡単でございますが、御挨拶と致します。(拍手)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-09-19 05:08 | 小樽問答
『戦後の田中智学論を糾す』
田中智学門下青年協議会

四六判、上製、342ページ、カバー、帯、スピン
平成10年10月13日
発行・田中智学門下青年協議会
発売・展転社


明治から昭和戦前にかけて活動した「日蓮主義者」田中智学について書かれた戦後の論評に対する田中智学門下の反論集。

戦後の論評の多くは田中智学を国粋主義者とかファシストとして批判しており、伝統的な日蓮宗でも田中智学を特異な日蓮理解をしているとして同様の傾向である。

それに対して本書は、田中智学の日蓮理解こそが正しいという立場で多岐にわたる反論を展開している。

小説では帝都物語や宮澤賢治殺人事件、化城の昭和史などが俎上にのっている。

宗教に関心がなくても近現代史に関心のあるむきにはおすすめできる1冊である。

もちろん、日蓮系の者にとっては必読である。

数ヶ所に創価学会に関する言及もある。

なお、荒俣宏氏はd0153496_1482175.jpg『本朝幻想文學縁起』(工作社・集英社文庫)や『99万年の叡智』(平河出版社)d0153496_134420.jpgで、日蓮と近現代の日蓮関連の運動についてきわめて興味深い考察を試みている。
d0153496_1322123.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【内容】
はじめに(相澤宏明)/1
目次/6
第1部 管見・宗学界/9
中濃教篤『近代日蓮教団の思想家』/10
田村芳朗『日蓮―殉教の如来使―』/31
茂田井教亨『日蓮その人と心』/46
渡辺宝陽+北川前肇『日蓮のいいたかったこと』/60
戸頃重基『日蓮教学の思想史的研究』/77
家永三郎『中世佛教思想史研究』/93
古河良晧「田中智学著『宗門之維新』を読んで」/105
第2部 管見・思想界/147
吉田司『宮沢賢治殺人事件』/148
寺内大吉『化城の昭和史』/183
丸谷才一・山崎正和「近代日本と日蓮主義」/204
山口昌男『挫折の昭和史』/215
笠井正弘「仏教とナショナリズム」/235
荒俣宏『帝都物語』/250
第3部 雑纂/261
『事典』に見る田中智学像/262
『事典』に見る明治節/279
結集と先駆の二十年・門青協歴代委員長は語る/295
田中智学先生関連年表/311
田中智学門下青年協議会の歩み/325
田中智学先生著作一覧/334
あとがき/338
初出一覧/341
執筆者略歴/342
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-03-26 01:34 | 資料紹介

小樽問答・全記録 001

d0153496_1512938.jpg
小樽問答は日蓮宗と創価学会によって行なわれた「法論」です。

以下は、日蓮宗現代宗教研究所所報『現代宗教研究』掲載のために私が反訳した元テキストです。

『現代宗教研究』掲載のものは、手が加えられていてニュアンスがことなります。

 本稿は、日蓮宗妙龍寺所蔵の録音を、可能な限り忠実に反訳したものである。反訳とは録音されたものを文章化するこという。

d0153496_2104942.jpgこれまでに創価学会は『小樽問答誌』という書名で昭和三十年五月に反訳を出版しており、昭和三十七年にも増補改訂版を出版している。

d0153496_211475.jpg 日蓮宗では、『みのぶ』誌の昭和三十年四月号で特集したが討論会のもようは要約抜粋であった。

 また討論当事者であった長谷川義一師が昭和三十一年三月に『小樽問答の眞相』という冊子を出版されたが、記録と記憶をもとに所感を述べられたもので、これも討論会の忠実な再現ではなかった。

 創価学会の『小樽問答誌』は討論会のほぼ全体を掲載してはいるが、発言が修正されていたり創価学会に都合の良い注釈が加えられるなど編集が施されており、読むさいにはかなりの注意が必要である。

 本稿は、以下のルールにより、反訳した。

一、マイクを通していない登壇者以外の声は、ヤジとして( )の中に記した。

一、 文中、三ヶ所テープ交換のために音が入ってないところがあるが、(音が消える)(音が入る)と記し、『小樽問答誌』から該当する箇所を補った。

一、 一般質問者の氏名もわかる範囲で記した。

一、 文中、必要に応じて ( )の中に注を記した。


  登壇者略歴

日蓮宗代表

  室住一妙・新潟県出身、立正大学卒業、身延山短期大学身延山高等学校勤務。

  長谷川義一・東京妙顕寺、日蓮宗東京北部布教師会長、元立正大学教授。

創価学会代表

  小平芳平・大正十年八月十三日長野県に生る、昭和二十二年中央大学法学部卒業、昭和十六年十月入信、当時、創価学会教学部長・教学部教授・大白蓮華編集長。のち公明党参議院議員。

  辻 武寿・大正七年四月三日埼玉県に生る、昭和十三年東京府豊島師範学校卒業、昭和十五年七月入信、当時、創価学会青年部長・教学部教授・蒲田支部幹事。のち公明党参議院議員、創価学会副会長・參議会議長。


  司会者
日蓮宗・松井義海

創価学会・池田大作


  一般質問者

日蓮宗(質問順)
  小松智元・苫小牧法華寺
  望月都区英
  三和連城・余市法華寺
  水野英嶺・川上妙巌寺

創価学会(質問順)
  龍登
  細井精道(日蓮正宗僧侶、後に66世法主)
  龍年光
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-09-22 02:13 | 小樽問答