FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

タグ:池田大作 ( 16 ) タグの人気記事

小樽問答・全記録 002

以下の文には「編集著作権」があります。引用する場合は、本ブログからであることを必ず明記して下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日蓮宗司会者挨拶 本日はこの画期的な日蓮宗講師側と日蓮正宗創価学会教学部との対決の学会を開催致しましたるところ、多数御来場賜わりまして、司会者と致しまして、誠に感謝感激に堪えない次第であります。謹しんでお礼を申し述べます。

 開会に先き立ちまして、お題目の三唱を致したく思いますので、どうぞ、その場で御起立をお願い致します。(ヤジ「どっちの題目だ」「身延か」など)

 南無妙法蓮華経
 南無妙法蓮華経
 南無妙法蓮(妙龍寺所蔵のテープでは、ここから音が消える)華経

 本日の会合の司会者と致しまして取り運びます順序、その他のことにつきまして一言申し上げます。
先ず最も大切でありますことは会場が非常に多数詰めかけておりますために、非常な混乱も起るということが想像されるのでありまするが、画期的なこの学会でございます。
聴衆の各人が一言一句も聴き洩らすようなことがありましては、誠にこの希有の大会をして汚濁に頻するということにも相成ると存じますので、両司会者の(音が入る)指図に従いまして飽くまでも静粛裡にこの大会が終了せられますよう、皆様の自粛自戒をお願い申し上げる次第でございます。

 なお時間が、只今より開会せられまして、九時十分に終了ということになっております。
講師は各二名づつ登壇致します。
講師の弁論は始め一人各十二分、更にその補足を致しますのが五分、その順序は司会の側におきまして抽選を致して決っします。
一般質問は二十分、司会者が指名致しました来聴者皆様方からの質問に応ずることに相成っております。

 なお講師の弁論が終りました後、講師間の質疑応答を三十分致しまする。
本日の学会におきまして勝敗を決するというような別に判者、判定人を別に設けておりません。
そのために勝敗ということには頓着しないのでありまするが、もしも講師間におきましてその答弁に窮した場合、約二分間を経過するものは、これは負けたりというふうにみなすのもよろしいのでございます。

 このように実は司会者側におきまして取り決めを致してあります。

 なお会場にはそれぞれ、私どもの日蓮宗側と日蓮正宗の側から警備の方が出ております。
司会者の命には絶対従って頂きまして、各会場係、警備の方の指図に従って頂きたいと存じます。

 大体申し上げる事項は右のような次第でありまするが、くれぐれも静粛を旨として頂くことを切にお願い申し上げます。

 それでは只今より日蓮宗側の講師としてお招き致しました先生を御紹介申し上げます。

 長谷川義一先生であります(拍手)
 室住一妙先生であります(拍手)
 失礼を致しました。

 学会側司会者挨拶 (拍手)えー、学会の司会を致します池田と申します。(拍手)

 全国にわたりまして日蓮正宗の、仏法の正しいゆえんによって全国にわたる間違った、邪教といい切れる日蓮宗身延派の信者が何千、何万と創価学会、日蓮正宗の信者になったということは、実に日蓮正宗が正しいという証拠であります。(拍手)

 したがって今身延派ではその身延の信仰があくまで、日蓮大聖人ように対する敵であり、仏敵であり、それに気づき日蓮正宗の仏法のみが、経文の上でも哲学の上でも、事実の現証の上でも正しいという証拠のゆえに身延をやめて日蓮正宗の信徒となったのであります。(拍手)

 ゆえに、ゆえにその状態に躍気となって今身延ではあの手この手を使って大衆を騙らかせ日蓮正宗の誹謗をなしておるの状態が今日の結果になったと思うのであります。(拍手)
されば、されば、私も身延の本山に行ってまいりました。
あくまでも日蓮大聖人様は「日蓮が魂を墨に染め流して書きて候ぞ信ぜさせ給え」そう申せられた御意志に背き、身延の本山そのもの全体が稲荷を拝み蛇を拝みあるいは小乗の丈六の釈迦を拝み、その雑乱ぶりたるや狂態の沙汰である感を覚えたのであります。(拍手)

 世間では身延山があくまでも祖山であるというふうに考えておりますが、身延と日蓮正宗との法の勝劣は、厳然たるものであり、未だかって大聖人様の真髄たる日蓮正宗の仏法が身延などの邪宗邪義に敗けておるわけが絶対にないのであります。(拍手)

 本日ここに日蓮宗、又わが日蓮正宗創価学会の教学部の小平芳平氏、それから辻武寿氏が身延の権威者であられるようなお方と対決、また法論をする状態によって、皆様が明らかに、いかに日蓮正宗が正しく、いかに日蓮宗身延派が邪道であるかということが、はっきりなされることと思う次第でございます。(拍手)

 学会教学部の先生方の御紹介を、私から致します。(拍手)

 こちらに居られるのが創価学会教学部、小平芳平先生でございます。(拍手)

 こちらに居られるのが教学部、やはり、辻武寿先生でございます(拍手)

 どうかさきほど、身延派の司会者が申されましたが、司会者の間におきましても、絶対に審判は司会者の権限にあり、また法論のしっかりした正邪というものを、あくまでもお取りしたいと考えておりますし、また場合によっては皆様方の賛否の状態も伺いたいと存じております。
どうかこれから両講師のお話に入りますけれども、よくよくお聴き願いたいと思います。
簡単でございますが、御挨拶と致します。(拍手)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-09-19 05:08 | 小樽問答
「坂口氏ら公明現職6人引退へ 」
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/politics/?id=6054953

66歳定年というのは、創価大学出身者を多数にするために創価学会の強い「意向」で導入された。

つまり「池田ナボラ」による党の運営が目的ということである。

もちろん例外はあり、外務省や大企業、国連や商社などの一線で働いていた学会員を公明党にリクルートするケースもある。

これは池田大作氏による方針だった。

現在ではこの池田氏の方針よりも、創価学園・創価大学出身による創価学会と公明党の独占的支配を「池田ナボラ」つまりの創価官僚は推進している。

さて、創価学会執行部が次期総選挙で公明は完全勝利まちがいなしと漏らしたという。

しかし公明党議員は疑心暗鬼。

原発や消費税でも創価執行部のいうままに動いた結果、国民から総スカンをくったことを議員は自覚している。

次期総選挙と参議院選挙について、創価官僚たちはいくつもの意味合いを持たせているという。

これについては、9月の勉強会で話したいと考えている。

公明の世代交代は創価官僚による政治と宗教の私物化である。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-08-25 19:38 | 政治
藤原弘達『創価学会を斬る』
日新報道(1969/11/10)302ページ、絶版品切れ

d0153496_1951350.jpg
目次
恐るべき創価学会の本質
創価学会的政治主義とは何か
創価学会・公明党7つの大罪
創価学会の天皇・池田大作と幹部たち
強引きわまる公明党選挙作戦
公明党の目指す政治体制は何か
創価学会・公明党で日本を救えるか ほか
・・・・・・・・・・・
国会図書館請求記号HM191-6。

創価学会・公明党による「言論出版妨害事件」から丸40年以上になる。

ことの発端は当時明治大学教授だった藤原弘逹の著作『創価学会を斬る』の出版に対して、創価学会大幹部や公明党議員が事前にゲラ刷りを入手し、

・出版中止
・内容の書き換え
・本の買い取り

などを著者本人に要求したことから始まった。

著者に要求を拒否された創価学会・公明党は、当時の自民党幹事長・田中角栄に仲介を依頼するなどの圧力をかけたのである。

この間の経緯を著者の藤原氏が週刊誌などに暴露して問題が表面化したが、このことによって『創価学会を斬る』以外にも、いくつもの批判書や研究書などが同様の出版妨害を受けていた事実が明らかになったのである。

1969(昭和44)年の暮れから1970(昭和45)年の5月まで、新聞・テレビ・雑誌の大半がこの問題をあつかった。

また国会質問においても取り上げられ、全国で抗議集会などが開催されることになったのである。

本書は藤原氏の口述筆記を編集部がまとめ、それに藤原氏本人が加筆訂正などを行なったものであった。

表現は過激であるが、内容はそれにりにしっかりしている。

当時の定価は480円だったが、現在の古本価格は4000円以上をつけているところもある。

以前は全国ほとんどの公共図書館にあったが、出版されてから40年が経過し、すでに「廃棄処分」となって置かれていない図書館も多い。

『創価学会を斬る』のカバーに掲載された「推薦文」などは次のとおりである。
・・・・・・・・・・・
【版不明・カバー裏表紙】
「この書を推せんする
評論家 渡辺紳一郎
先ごろ新潟市へ講演に出かけた。聴衆二千名、県全体のPTAの集まりだった。また豊川市へは「明るい選挙を推しすすめる」という講演会、聴衆一千名。
この二つの講演会、楽屋に多くの人々が訪ねて来たが、少なからぬ人々から「文化人・政治評論家が、公明党について口をつぐんで語らず、ペンを鞘に収めて書かないのは、どういう訳か」と詰問された。
私の返事  私の親友・藤原弘達が「創価学会を斬る」という本を書いた。いろいろ面倒があって難産しているが、近く出るよ  「それで安心しました。モーレツ先生の本が早く出るのを待っています」
ドイツには「キリスト教何々党」というのがあるが、これはドイツ人全部がキリスト教なので共産党ではなく、穏健な政党という意味にすぎない。宗教団体が政党運動をやってるのではない。宗教と政党がシャム双子みたいに、尻は共通で、頭が二つというのは、日本の民主主義のガンであると私は考えている。砕いて記ネタ集めをやる根気と、勉強する若い体力があれば、私が「公明党批判」を書きたいくらいである。この意味で藤原君の「創価学会を斬る」を推せんする次第である。」

【14版(1970.2.11)カバー前袖・この書に寄せられた書評】
「東大名誉教授 大内兵衛氏
いま日本でいちばん大切なことをいってくれた本のように思います。

政治評論家 御手洗辰雄氏
『創価学会を斬る』貴著、近来溜飲の下がる御快挙謹んで貴兄の卓見と御努力、勇気に敬意を捧げます。

前総理府総務副長官 鯨岡兵輔氏
公明党を甘やかし今日の力を彼に与えたのは、第一に自民党のふんぎりのつかない日和見根性であり、第二に社会党の無定見な国会活動にあると私は思います。
私共政治家はただ選挙のためだけでなく、むしろ、そんなことを超えて日本の将来のためにこれと対決しなければならないと思います。
『創価学会を斬る』この快著に限りない賛辞をおくります。」

【14版(1970.2.11)カバー裏表紙】
「『創価学会を斬る』を推薦する
評論家 小汀利得
かつて私は、創価学会・公明党の欺瞞性を指摘したことがあった。
ところが、それに対しする反論たるや言論の次元をこえた、まさに狂気の沙汰だった。
個人でもそうだが政党なり、団体の真の姿は、批判に対する反論の態度をもって知ることができる。憲法で、言論・報道・表現の自由を保障されたこの日本において、かかる暴挙を敢えてする創価学会・公明党のヒステリックな態度こそ、国を亡ぼす因であり、絶対に許せない行為だ。
今度、藤原弘達君が蛮勇をふるって『創価学会を斬る』という本を書いたが、豊富な資料を駆使したその内容といい、見識といい、創価学会・公明党を斬るにふさわしい。
日本国民必読の書として本書を推薦する。

この書を推せんする
評論家 渡辺紳一郎
(前掲の「ドイツには」から文末までを抄録)」
・・・・・・・・・・・
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-08-02 19:07 | 出版物(批判)
池田大作氏への各種名誉称号授賞国・団体・機関などをながめてみると見えてくるものがある。

それらの多くは池田氏が創価学会会長を辞任し「名誉会長」となってからのものである。

創価学会が「名誉会長」という「称号」を作ったのは池田大作氏が同会会長を辞任したとき。

「会長を退いたものを名誉会長とする」

その後、規則・規約などを変更しそれを廃止。

現在では、
「総務会の議決に基づき、名誉会長を置くことができる」
とされている。

これ以外に「名誉会長」については具体的な記述はまったくない。

第5代会長秋谷栄之助氏は会長退任後「名誉会長」にはなれなかった。

いま創価学会では池田大作氏を「名誉会長」とは呼ばず「SGI会長」と呼ぶ。

SGIは創価学会規則にも規約にも具体的な記載はなされていない。

会則では「補則」に、
「この会は、この会と教義、目的を共通にする世界各国の団体からなる国際的機構として、創価学会インタナショナルを設置する。 」
とあるだけである。

SGIは「任意団体」でもなくたんに創価学会の「一部所」でしかない。

宗教法人法にもとづく「宗教法人創価学会規則」には、「名誉会長」「SGI会長」についての記述はいっさいない。

このような曖昧かつ不透明な立場のものが、会長や代表役員である理事長以上の影響力をもっているのである。

それは創価学会および海外の組織における絶対的な「権威」であり「権力」でもある。

日本国内の会員数は827万世帯。

SGIについては
「世界192カ国・地域に1200万人以上のメンバーを擁する」
という。

池田大作氏は、この「数」を背景に海外との関係を構築してきたといえる。

その結果として2012年6月13日現在での各種「名誉博士」「名誉教授」などの称号は330を数える。

これらの称号については、創価学会のホームページではなく創価大学のホームページに記載されている。

注意すべきは、これらの称号の多くがたんに「名誉博士」「名誉教授」とあるだけで、どのような「学術分野」での「名誉称号」か明らかではないということである。

たとえば日本国内の場合では一般的に「東大名誉教授」などと記されても正式には「東大文学部名誉教授」などと学部が特定されるものである。

もちろんそれは「名誉博士」についても同様である。

ところが池田大作氏に与えられた「名誉称号」の半数以上がそれを特定できない。

つまり「名誉称号」は多いが「名誉学術称号」は多くはないということである。

330あるこれらの「名誉称号」だが、授与した大学についてよく調べてみるとおもしろいかもしれない。

キーポイントは「産学共同体」である。

これが、冒頭に記したことへのひとつの答えである。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-07-14 03:13 | メモ
 イントロダクション
  1.創価学会は池田学会か?

 この20年ほど、創価学会がマスコミにとりあげられる場合は、それらのほとんどがスキャンダラスな話題であったといって過言ではない。

 もちろん、中には学会造反派や内部告発者らによる批判もあったが、それとても創価学会を批判する形はとりながらも、実質的には、“池田大作をターゲット”にして攻撃したものであった。

「創価学会=池田大作であり、公明党=池田大作である」
という認識、イメージは、いまや当たり前となっている。

 創価学会員にいわせると、
「いや、そんなことはない。池田先生は学会の名誉会長だけれど、学会自体は、秋谷会長や森田理事長らによって合議のうえ運営されている」
ということになる。

しかし、これは
「学会は池田氏によって私物化されているのではないか」
という疑問なり批判に対してなされる単なる反論にすぎない面もあろう。

それは、学会員が他人を折伏する時のことを考えればよくわかる。

 彼らが折伏する際に、「これを読んでみて」と相手に渡すものは、池田氏の“著作”であり『聖教新聞』である。

その聖教新聞も、池田氏が著名人と会談したことや、勲章や名誉市民、名誉教授、名誉博士号を貰ったことを一面に大きく掲載したものがよく使われる。

これはグラフ誌である『グラフSGI』でも同様であり、学会員自らが学会のことよりも池田氏の話題を、話を始めるきっかけにしているのだ。

学会員は無意識のうちに池田氏を“人寄せパンダ”(死語)にしているといえよう。

 ところが、外部の者からしてみれば、それは「池田氏の売名行為」に思え、そのような池田氏を礼讃する学会員にあきれ、うんざりし、かえって池田氏を下すだけだという事に、学会員は気がつかないのである。

 池田氏が名誉博士号や勲章を貰うことに反対するつもりはない。

それによって学会員が自分達の指導者を誇りとする気持ちも理解できるし、大いに結構なことである。

しかし、勲章や名誉博士号が、金品の授受によって行なわれることがあるのも、また、事実なのである。

著名人との会見も、しかり。

 池田氏の場合がそうであるというのではない。

だが、勲章や名誉博士号を貰ったり、著名人たちと文学談義や人生談義を交わすことより、彼らを折伏した方が、よほど実りある行為だという批判も少なくない。
(かつて、失脚したパナマのノリエガ将軍が学会員であると一部のマスコミで報道されたが、池田氏の折伏によるものであるかどうかは不明であり、ここでは池田氏による著名人折伏の例とはしない)


  2.唯神論による世界戦略と創価学会

 また、池田氏の著名人会見ツアーや国連重視路線も、創価学会の教義や日蓮正宗の信仰とは全く関係ないものといってよいであろう。

 それどころか、池田氏の言動は、彼が信仰しているはずの日蓮正宗以外のものに依って為されている、という飛躍した意見もある。

 この件については、ここでこれ以上触れるつもりはないが、池田氏の著名人会見ツアーや国連重視路線の原点は、彼の入信以前、昭和20(1945)年、創価学会第2代会長(当時 理事長)だった戸田城聖(当時 戸田城外)にあると考えられるということだけは記しておこう。

 現在世界情勢は、東西冷戦を過去のものとして、パックス・アメリカーナへと移行しているが、その本質は、いうならば“唯神論による世界戦略”であり、「パックス・ゴッディズム」とでもいうべきものであろう。戦後過程を通じてより明らかとなってきたであろうその真理は、ABCDラインの全世界規模での再現を目指していると考えられる。

 創価学会が、世上よく言われるように、“池田学会”(この語は昭和51年当時、われわれが初めて使ったものであるが)であるならば、池田氏以外の学会員がどの様に考えようとも、創価学会は“唯神論による世界戦略”に、既に完全に組み込まれているといってよいと思われるのだ。

 もちろん、創価学会なり池田氏なりが、最初からそうであったとは決して思わないし、悪いとも思わないが、しかし、徐々に変化・変質して現在にいたったことは間違いないだろうと思われる。

 どのように変化し、変質したかは、創価学会の歴史を再点検することによって、明らかとなってくるであろう。


  3.創価学会史区分の試み

 創価学会の歴史を概観すると、いくつかの転換点と事件を指摘することができる。

すなわち、大きく区分するならば、

戦前の創価教育学会時代を第1期、
戦後の戸田城聖による再建から彼の死までを第2期、
言論問題のあった1970年までを第3期、
政教分離以後、正信覚醒運動の始まりまでが第4期、
それから日蓮正宗と創価学会の対立再燃までを第5期、
そして日蓮正宗による創価学会の破門を経て現在までを第6期、

というふうに捉えてみたい。

これらを更に細分化するならば、第1期は教育研究団体から信仰組織へ方向転換した時点で区切られ、第2期は戸田城聖の会長就任をもって分けることができよう。

第3期は衆議院進出と公明党の結成のあった1964年で区切れ、第4期は共産党との10年協定および池田・宮本題治会談をひとつのエポックとすることができる。

第5期は、北条浩第4代会長の急死によって分けられるが、それ以後池田氏の本格的な復権が始まったと考えられる。

第6期は現在も続いていると考えられるが、池田氏をはじめとする創価学会大幹部の日蓮正宗信徒除名と、日蓮正宗による創価学会の破門で区切ることができるだろう。

これらの時期を、後半をそれぞれ′(ダッシュ)期としたうえで、各期における事件をあげてみよう。

まず1期には、牧口常三郎初代会長の著作『創価教育学体系』が4巻までで刊行中止となり、1′期には牧口、戸田をはじめとする学会幹部の検挙および牧口の獄死がある。

2期は、“折伏大行進”、2′期は地方選および参議院選という“政界進出”があった。

3期には公明政治連盟の結成と国立戒壇論の放棄、さらには公明党の結党と衆院進出がある。3′期には、安保論争を吹き飛ばした観のある“言論問題”と公明党との“政教分離”があった。

4期は、言論問題以後の“柔軟路線”への転換と正本堂の建立、妙信講との教義論争などがあり、4′期では世上を騒がせた日本共産党との“10年協定”“池田・宮本会談”日蓮正宗からの独立路線の発覚と脱会者および正宗僧侶による正信覚醒運動があった。

5期には日連正宗における反学会派僧侶の大量除名と、池田氏の巻き返しがあり、5′期は、北条浩4代会長急死による池田氏の本格的な復権があったものの学会および公明党の実力者幹部らによる相つぐ池田批判が巻き起こっている。

6期は、日蓮正宗との紛争再燃、6′期には公明党の政権与党化と池田氏を「永遠の師」と会則に明記した。

物語には起承転結があるが、それを創価学会の歴史にあてはめるとするならば、現在はどういうことになるだろうか。

約20年前に、われわれは次のように記した。

「終焉か更なる飛躍か、文字通り決定的な転換期をむかえていることは確かなようである。
いや、それは池田氏や創価学会だけでなく日本それ自体についても言えることかもしれないのだ。」

当時はまだ、創価学会破門前、バブル経済も破綻してはいなかった。

しかし、まもなくして創価学会も、そして日本も「文字通り決定的な転換期をむかえ」ることとなった。

とりあえず、われわれは、創価学会の歴史を辿ってみることから、作業を始めよう。
・・・・・・・・・・・・・
【補足】
学会史を区分するのにもっとも分かり易いのは、牧口時代・戸田時代・池田時代の3つに分けることではある。

本稿でいえば第3期以降は池田時代ということになる。

しかし、この池田時代は既に半世紀近くにも及ぶ長期にわたっている。

当然のことながら、この間に創価学会自体は大きく変貌をとげた。

これは変貌、変化、変質などさまざまな形容で語ることができるが、近い将来に訪れる「ポスト池田」時代には、また新たな創価学会が出現してくるであろう。

来年、2010年は創価学会・公明党による「言論出版妨害事件」のいちおうの終息から丸40年になる。

この「批判拒否体質」「無謬神話」はいまもって是正されているとは思えない。

では、この創価学会の体質のよってきたるところは何処にあるのか、それを考え検証することで今後の彼らの方向も見えてくるのではないかと思うのだ。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2009-07-06 15:37 | 創価学会攻防史

小樽問答・全記録 001

d0153496_1512938.jpg
小樽問答は日蓮宗と創価学会によって行なわれた「法論」です。

以下は、日蓮宗現代宗教研究所所報『現代宗教研究』掲載のために私が反訳した元テキストです。

『現代宗教研究』掲載のものは、手が加えられていてニュアンスがことなります。

 本稿は、日蓮宗妙龍寺所蔵の録音を、可能な限り忠実に反訳したものである。反訳とは録音されたものを文章化するこという。

d0153496_2104942.jpgこれまでに創価学会は『小樽問答誌』という書名で昭和三十年五月に反訳を出版しており、昭和三十七年にも増補改訂版を出版している。

d0153496_211475.jpg 日蓮宗では、『みのぶ』誌の昭和三十年四月号で特集したが討論会のもようは要約抜粋であった。

 また討論当事者であった長谷川義一師が昭和三十一年三月に『小樽問答の眞相』という冊子を出版されたが、記録と記憶をもとに所感を述べられたもので、これも討論会の忠実な再現ではなかった。

 創価学会の『小樽問答誌』は討論会のほぼ全体を掲載してはいるが、発言が修正されていたり創価学会に都合の良い注釈が加えられるなど編集が施されており、読むさいにはかなりの注意が必要である。

 本稿は、以下のルールにより、反訳した。

一、マイクを通していない登壇者以外の声は、ヤジとして( )の中に記した。

一、 文中、三ヶ所テープ交換のために音が入ってないところがあるが、(音が消える)(音が入る)と記し、『小樽問答誌』から該当する箇所を補った。

一、 一般質問者の氏名もわかる範囲で記した。

一、 文中、必要に応じて ( )の中に注を記した。


  登壇者略歴

日蓮宗代表

  室住一妙・新潟県出身、立正大学卒業、身延山短期大学身延山高等学校勤務。

  長谷川義一・東京妙顕寺、日蓮宗東京北部布教師会長、元立正大学教授。

創価学会代表

  小平芳平・大正十年八月十三日長野県に生る、昭和二十二年中央大学法学部卒業、昭和十六年十月入信、当時、創価学会教学部長・教学部教授・大白蓮華編集長。のち公明党参議院議員。

  辻 武寿・大正七年四月三日埼玉県に生る、昭和十三年東京府豊島師範学校卒業、昭和十五年七月入信、当時、創価学会青年部長・教学部教授・蒲田支部幹事。のち公明党参議院議員、創価学会副会長・參議会議長。


  司会者
日蓮宗・松井義海

創価学会・池田大作


  一般質問者

日蓮宗(質問順)
  小松智元・苫小牧法華寺
  望月都区英
  三和連城・余市法華寺
  水野英嶺・川上妙巌寺

創価学会(質問順)
  龍登
  細井精道(日蓮正宗僧侶、後に66世法主)
  龍年光
[PR]
by siawaseo_anatani | 2008-09-22 02:13 | 小樽問答