FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

タグ:社会性 ( 24 ) タグの人気記事

先日(2013/12/23)の日記 
「「天皇誕生日」今年もまたまた聖教新聞は」 
http://siawaseo.exblog.jp/20137736/ 
に、関連して、牧口常三郎の発言を以下に紹介します。

読みやすさを考えて、句点ごとに改行し、()の中にふりがな等を記しました。

・・・・・・・・・・・・・・・
「この問題は将来も起ることと思ふから、此際(このさい)明確にして置きたい。

吾々(われわれ)は日本国民として無条件で敬神崇祖(けいしんすうそ)をしてゐ(い)る。

しかし解釈が異(ことな)るのである。神社は感謝の対象であつて、祈願の対象ではない。

吾々(われわれ)が靖国神社へ参拝するのは『よくぞ国家の為に働いて下さつた、有難うございます』といふお礼、感謝の心を現はすのであって、御利益をお与へ下さい、といふ祈願ではない。

もし、『あゝして下さい、かうして下さい』と靖国神社へ祈願する人があれば、それは恩を受けた人に金を借りに行くやうなもので、こんな間違つた話はない。

   天照大神(あまてらすおおかみ)に対し奉(たてまつ)つても同様で、心から感謝し奉るのである。

独り天照大神(あまてらすおおかみ)ばかりにあらせられず、神武以来御代々(おんだいだい)の天皇様にも、感謝奉つているのである。

   万世一系の御皇室(おんこうしつ)は一元的であつて 今上陛下(きんじょうへいか)こそ現人神(あらひとかみ)であらせられる。

即(すなわ)ち 天照大神(あまてらすおおかみ)を初め奉り、御代々(おんだいだい)の御稜威(みいつ)は現人神(あらひとかみ)であらせられる 今上陛下(きんじょうへいか)に凝集されてゐるのである。

されば吾々(われわれ)は神聖にして犯すべからずとある『天皇』を最上と思念し奉(たてま)るものであつて、昭和の時代には、天皇に帰一(きいつ)奉るのが国民の至誠(しせい)だと信ずる。

   『義は君臣、情は父子』と仰せられてゐるやうに、吾々(われわれ)国民は常に天皇の御稜威(みいつ)の中にあるのである。

恐れ多いことであるが、十善の徳をお積み遊ばされて、天皇の御位(みくらい)におつき遊ばされると、陛下も憲法に従ひ遊ばすのである。

即(すなわ)ち人法一致によって現人神(あらひとかみ)とならせられるのであつて吾々(われわれ)国民は国法に従つて天皇に帰一(きいつ)奉(たてま)るのが、純忠(じゅんちゅう)だと信ずる。

  天照大神(あまてらすおおかみ)のお札をお祭り(ママ・お祀り)するとかの問題は万世一系の天皇を二元的に考へ奉る結果であつて、吾々(われわれ)は現人神(あらひとかみ)であらせられる天皇に帰一(きいつ)奉ることによつて、ほんとうに敬神崇祖(けいしんすうそ)することが出来ると確信するのである。

またこれが最も本質的な正しい国民の道だと信ずる次第である云々。

 我々は決して寺を遠のけとは言わない。

寺を離れたら原理を失ふことになり日蓮正宗でなくなる。

是(これ)だけが正宗(せいしゅう)で他はすべて邪宗であります。

鉛や銅と金との対比が云(い)はれるがさうではなくて、毒と薬との区別がある様に正法と邪法とは本札(ほんさつ)と偽札(にせさつ)との如(ごと)く、全く反対に考へねばなりません。

同じ日蓮宗でもかう(こう)区別しなげればならない。

そうなると似せれば似せる程却(かえ)って悪くなる。

本札(ほんさつ)に似てゐ(い)ればゐ(い)るほど世間を欺(あざむ)く害は大であるから」

(『創価教育学会第5回総会報告 大善生活実証録』より)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2014-01-03 13:17 | 資料紹介
創価学会の機関紙である聖教新聞は、今年も「天皇誕生日」について「報道」しませんでした。

第10面の「社会面」トップの記事は「少子化対策」。

次いで
「防火扉」
「格安SIM」
「除染3年延長」
「災害ロボコン予選日本圧勝」
「書店で電子書籍発売」
「消しゴム工場見学人気」

下段の「ニュース・フラッシュ」欄は、

「社会」のトップが、
「カピバラ家族がゆず風呂で元気」

他は、
「大山のスキー場初滑り楽しむ」
「新たに3カ所漏水 福島第1」

ここまで、天皇陛下や皇室について「無視」したら、池田大作氏が亡くなってからも軌道修正して「皇室報道」をすることもできないでしょう。

学会員さんたちは聖教新聞が「天皇誕生日」や「皇后誕生日」そして「皇室報道」を記事にしないことについて、どのように考えているのでしょうか。

毎年のように指摘していますがが、このことのもつ意味は深刻なものがあります。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-12-23 15:31 | メモ
創価教育学会会長・牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)の最初の全集。

戦後約20年のあいだ、「創価学会初代会長」の著作は会員の目に触れることなく封印されていました。

人名索引、国名・地名索引、事項索引が巻末にあるので第三文明社版よりもある意味では便利です。

・・・・・・・・・・・・
『牧口常三郎全集 第4巻 人生地理学 下』
東西哲学書院、1965年(昭40)8/26
上製、函、666ページ(第11版を原本とし校訂)

巻頭折り込み図版
d0153496_23273448.jpg

 世界文明の中心
 世界人種分布
 世界の人口分布

序(池田大作)/1〜3

凡例/1

目次/1〜10

 距離および温度の改算/1

第八版 訂正増補について 牧口常三郎/3〜6

第2篇 地人相関の媒介としての自然/7
 第14章 無生物/9
 第15章 太気/45
 第16章 気候/55
  日本等温線図/62
  日本気圧および風向図/78
 第17章 植物/99
  写真 インド・ダージリンの茶摘み風景/110と111の間1P
  写真 奄美大島のサトウキビ畑・北海道嬬恋のバレイショ畑/110と111の間1P
 第18章 動物/151
 第19章 人類/205
第3篇 地球を舞台としての人類生活現象/229
 第20章 社会/231
 第21章 社会の分業生活地論/253
 第22章 産業地論上/289
 第23章 産業地論中/311
 第24章 産業地論下/343
  写真 造船所全景 岡山玉野市三井造船/3500と351の間1P
  写真 タンカーの公航試運転・タンカーの進水式/350と351の間1P
 第25章 国家地論/393
 第26章 都会および村落地論/437
 第27章 人情風俗地論/493
 第28章 生存競争地論/509
 第29章 文明地論/525
第四篇 地理学総論/537
 第30章 地理学の概念/539
 第31章 地理学の発達/569
 第32章 地理学の名称ならびに人生地理学の科学的位置を論ず/585
 第33章 地理学の研究法/597
 第34章 地理学の予期し得べき効果および必要/611

あとがき(和泉覚)/619〜621

事項索引/後15〜30
国名・地名索引/後6〜14
人名索引/後1〜5
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-10-12 23:28 | 学会系出版物
創価教育学会会長・牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)の最初の全集。

戦後約20年のあいだ、「創価学会初代会長」の著作は会員の目に触れることなく封印されていました。

人名索引、事項索引、書名索引が巻末にあるので第三文明社版よりもある意味では便利です。

・・・・・・・・・・・・
『牧口常三郎全集 第2巻 創価教育学体系 下』
東西哲学書院、1965(昭40)6/20、
A5判、上製、函、535ページ
定価700円

〔巻頭写真〕創価教育学研究所グループ
序(池田大作)/1~3
凡例/1
目次/1~8
創価教育学体系 上/1
 緒言/3
 第4篇 教育改造論/9
  創価教育六大指標/10
  第1章 教育改造政策の要諦/11
  第2章 教育機関の体系及び其の進化論的考察/35
  第3章 教師即教育技師論/51
  第4章 小学校長登用試験制度論/85
  第5章 教員待遇改革論/99
  第6章 師範教育改造論/109
  第6章 国立教育研究所論/135
  第7章 教育統制機関改革論/147
  第8章 教権確立論/165
  第9章 学制改革案論/189
  第10章 半日学校制度論/217
第4巻 教育方法論/243
 序言/245
  第1章 国家教育の破産と対策/247
  第2章 教育方法論建築の基礎に横はる先決問題/269
  第3章 教育方法論の研究法/295
  第4章 教育方法論の体系/337
 第2篇 教材論/361
  第1章 教材の選択及排列/363
  第2章 教科構造論/375
  第3章 国定教科書論/407
  第4章 国字改良問題/417
 第3篇 教育技術論/431
  第1章 教育技術の進化論的考察/433
  第2章 教育技術観賞論/445
附録「創価教育学体系」批評/257
 「改造」における「創価教育学体系」批判(田辺寿利)/491
 「環境」における「創価教育学体系」批判(甘蔗生規矩)/494
 「中外商業新報」における批判
   牧口常三郎氏の「創価教育学体系」を読む(一記者)/497
 「東京ニュース』における「創価教育学体系」批判/500
 「教育週報」における「創価教育学体系」批判/502
あとがき(柏原ヤス)/505
索引/後1~16
 人名索引/後1~6
 事項索引/後7~15
 書名索引/後16
d0153496_15214266.jpg
d0153496_15252622.jpg

[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-09-28 15:27 | 学会系出版物
創価学会が、本当に建て前のままきれい事だけで教団を運営していたら、ここまで批判されたり嫌われたりすることも少なかったでしょう。

出版物やビデオ・DVDなどに残るものだけをみると、日蓮正宗に対する口汚い表現以外は一見するとふつうです。

まぁ、ふつうと言っても、宗教法人としては本来なんの実権もない池田大作さんへの美辞麗句・自画自賛は度を過ぎていますが・・・。

さらに、創価学会からの出版物だけを過去からたんねんに読み込めば、数々の自語相違や矛盾や書き替えなどがいくらでも見つかります。

こういうことを繰り返してきたから、ネットやリアルでもまともではない学会員が跡を絶たないのではないでしょうか。

まともではない学会員が過激なアンチをつくりだしているという事実はうごかせません。

創価学会という教団そのものが体質を改めなければ、まともではない学会員はいつまでも作り続けられることになってしまいます。

まともではない学会員を少なくするために外部ができることは、冷静に批判すること。

時間はかかるかもしれませんが有効な方法であると思います。

かりに池田大作さんが仮に亡くなったところで、問題は未解決のまま先送りされることなります。

しかもそのときには当事者はいないのですから、なんとでも言い訳が可能でしょう。

そうさせないためにこそ、「冷静な批判」が必要だし有効だと思うのです。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-09-27 15:57 | メモ
ある対話 1957 戸田城聖 創価学会 日本共産党(04)
http://siawaseo.exblog.jp/19506804/
より続く。

戸田城聖全集未収録。
編集著作権あり。

・・・・・・・・・・・・
K山 あんたはカンがよくてよいところを突いてはいる。

国鉄の労働者諸君が食えない。

それで生活を改善し、高めるためにたたかうことは当然だし、正しい。

これをゴマ化したり弾圧するのは、するほうがわるい。

だがこの場合、どういう形でたたかっていくかというときに、もうひとつの問題がでてきた。

正しい要求にもとずいているのだが、たたかいの方法や手段のえらび方にまずいところがあった。

あんたがいういうように国民の気分や感情をよく考えない形を取ったことがあんたや国民の多くを反発させているのだよ。

T田 そうだよ、汽車止めたりなんかすれば、迷惑するのはこっちだけだよ。

‥‥共産党だってそう悪いものではないよ。

K山 そう悪いものではないというが、僕にいわせれば、共産党こそがいちばんいいものだ。

創価学会は、まあ、あどけない子供みたいなものだよ。

こっちは世界中を、二十五億の世界の人間全部を共産主義の社会に発民させようとしているのだもの。

あんたのほうは、せいぜい大きなことをいっても、日本国中、九千万前後をねらっているのだろう。

T田 そんなに……。

百万でたくさんだ。僕からいえば、共産党はかわいい子供と思っている。(笑)

共産党で、社会組織だ、経済組織だなんでいっているのは、子供のオヤツのぶんどりあいみたいなもので、僕らはもっとその根本となる生命を対象にしているんだ。

だから、おとななんだよ……。

こんどの選挙でも、あんたのほうは全部負けじゃないか。

こんどの大阪だって、僕らは十七万取った。

だから社会党に怒られるのだよ。

あれは社会党を勝たせるようにやれば良かったけれども。

社会党となんにも契約はないし、やるならやってみるか、ということでやったんだけれども、こんどは負けるようになっていた。

そこまでは力がないから。

・・・・・・・・・・・・・・・
「ある対話 1957 戸田城聖 創価学会 日本共産党(06)」 
http://siawaseo.exblog.jp/19800850/ 

へ続く。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-09-27 01:27 | 資料紹介
明日9月8日は、創価学会では、ある「記念日」です。

おそらく、機関紙『聖教新聞』では大きく取り上げるのではないでしょうか。

もちろん、それを読んで創価学会員も「そのこと」を吹聴するでしょう。

ネットで検索すると、批判的な記事がいくつも見つかりますが、じつはそのほとんどが明明後日の方に向かって撃っているありさま。

では、これまでの創価学会や創価学会員による「そのこと」を礼賛したものはどうかというと、これも一昨昨日の方を向いて万歳をしているようなもの。

ほとんどのケースが、「そのとき」の「発言の全容」を読んでいないのではないかと思われます。

本日9月7日付の『聖教新聞』は、1面トップに、

【あす「日中国交正常化提言」発表45周年
 中国大連芸術学院が決定 
 池田名誉会長に名誉教授称号】

という記事を掲載し、2面には、中国南開大学・紀亜光教授の「寄稿」を掲載しています。

しかし、この『聖教新聞』を読んでも、池田大作氏の提言のどの部分がどのように「日中国交正常化」に「影響」があったのかは見えてきません。

昨日9月6日付の『聖教新聞』社会面(10頁)には、

【提言45周年 新たな歴史築く
 公明党青年訪中団
 中日友好協会唐家せん会長と懇談】

という記事が掲載されていました。

記事には、

【谷合団長は、8日に党創立者である池田大作創価学会会長(当時)の日中国交正常化提言から45周年を迎えることに言及し】

中日友好協会唐家せん会長は、

【公明党には、今までの良い伝統を発揮し、大局に立って長期に目を見据えて正確な判断をしてもらいたい】

と発言したという記述があります。

こうした動きについて9月4日の日記
「いよいよ始まったか」
http://siawaseo.exblog.jp/19616667/
http://gree.jp/7737268/blog/entry/672045290
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1911169804&owner_id=17861245
の意味を、今一度考えていただきたいと思います。

【池田大作創価学会会長(当時)の日中国交正常化提言】
が、本当はどのような意味を持っていたのか、発言全文を確認し、その後の創価学会や政治経済などの動きを精査すると見えてくるものがあります。

今回の中国要人と公明党訪中団の会談キャンセルは「ムチ」であり、唐家せん氏の発言は「念押し」、大連芸術学院による名誉教授称号授与は「アメ」であるということです。

創価学会員さんたちは中国要人と公明党訪中団の会談キャンセルも知らず、その意味もわからないままにいることでしょう。

現在の創価学会首脳陣や創価官僚も理解できていないのではないでしょうか。

今後の動向には興味深いものがあります。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-09-07 20:55 | 事件

いよいよ始まったか

これを政治的側面だけで見るか、違う側面から見るか。

いづれにしてもChinaにとっては「政治的判断」ということ。

慌てているのは南元町ではなく信濃町でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・
「公明訪中団、中国要人との会談が急きょ中止」
(2013年9月4日20時48分 読売新聞)

公明党の若手国会議員による訪中団が4日に予定していた中国共産党中央対外連絡部(中連部)幹部との会談が、急きょ中止になったことがわかった。

 公明党は、山口代表が今年1月に習近平(シージンピン)国家主席と会談するなど、中国とのパイプをアピールしてきただけに、党内では「中国の反応がこれほど厳しいとは思わなかった」と落胆の声も出ている。

 訪中団は4~6日の日程で北京を訪問しており、同党は王家瑞(ワンジアルイ)対外連絡部長との会談を想定していた。中連部側から直前に「会談できない」との連絡があったという。これに関連し、山口氏は4日、国会内で記者団に対し、「中連部と何らかの会談はあるのではないか」と述べ、6日までに会談が実現することへの期待感を示した。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130904-OYT1T01013.htm?from=main2
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-09-04 23:15 | 政治
小笠原慈聞
『創價学会長戸田城聖己下團員 暴行事件の顛末』
昭和27年。

閲覧の便を考え、ふりがな・改行などを施しました。(編集著作権があります)

・・・・・・・・・・・・・・・
創價学会長戸田城聖己下團員 暴行事件の顛末 

小笠原慈聞 記す


前がき

 四月二十七日夜、総本山大石寺において、私に加えたる創価学会長戸田城聖己下(いか)団員の集団的計画的暴行騒擾(そうじょう)事件は、私一人の問題ではなく、全く立教七百年慶典を汚し、正宗の躰面(たいめん・体面)を冒涜したるものにして、実に容易ならぬ大問題と存じます。
全く彼等は信仰を偽装せる一種の共産主義暴力団と言うて然(しか)る可(べ)し。
仍(よっ)て事件真相の一端を述べて、公正なる諸彦(しょけん・諸賢)の御批判を請うことと致します。

・・(2に続く)・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-08-30 19:25 | 資料紹介
以下はグリーで「活躍」している自称「仏所護念の信者」を念頭においてのものです。

こういう「アンチ創価学会」は無用不用でしかありません。

妄想・妄念は大川りUFOばり 

上から目線・自己正当化・強制は創価ばり 

仏教妄執はオウムばり 

こういうのは遮眼帯をかけているので狭い視野が固定化されてしまっているんですよねぇ・・・。

何年も何回も同じ過ちを繰り返しているのに、自分では「成長」していると思っている。

多くのひとたちから、助言・意見・注意・指摘・説明・質問などを繰り返されても、そうしたことに答えることは1度たりともできていないのに、本人は「意図的にしていない」とでも思っているのでしょう。

わからないなら黙っていればいいのに、わかったつもりで語るから支離滅裂にしかならない。

「理解できないのは自分のせいではない」などと思っているのでしょう。

TPOすら弁えないモノが共感や共鳴を得るはづもありません。

TPO、仏教でいえば

「教・機・時・国・序」

当たり前のことです。

それを弁えていないということは、社会性が欠場しているということです。

声高に「正義」を「主張」するよりも大切なことがあるのですが、わからなければ致仕方がありません。


「日蓮法華の頭は赤馬(赤猫とも)」(江戸時代の俗言)

「法華と忠義者は、国の禍根」(太田蜀山人)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-08-22 19:15 | メモ