FBI(笑)Oh My Buddaha !・直接間接を問わず、関係・関連することがらを含めメモしていく。過去の記事も加筆訂正することがある。


by FBI(笑)Oh My Buddaha !

タグ:聖教新聞 ( 6 ) タグの人気記事

先日(2013/12/23)の日記 
「「天皇誕生日」今年もまたまた聖教新聞は」 
http://siawaseo.exblog.jp/20137736/ 
に、関連して、牧口常三郎の発言を以下に紹介します。

読みやすさを考えて、句点ごとに改行し、()の中にふりがな等を記しました。

・・・・・・・・・・・・・・・
「この問題は将来も起ることと思ふから、此際(このさい)明確にして置きたい。

吾々(われわれ)は日本国民として無条件で敬神崇祖(けいしんすうそ)をしてゐ(い)る。

しかし解釈が異(ことな)るのである。神社は感謝の対象であつて、祈願の対象ではない。

吾々(われわれ)が靖国神社へ参拝するのは『よくぞ国家の為に働いて下さつた、有難うございます』といふお礼、感謝の心を現はすのであって、御利益をお与へ下さい、といふ祈願ではない。

もし、『あゝして下さい、かうして下さい』と靖国神社へ祈願する人があれば、それは恩を受けた人に金を借りに行くやうなもので、こんな間違つた話はない。

   天照大神(あまてらすおおかみ)に対し奉(たてまつ)つても同様で、心から感謝し奉るのである。

独り天照大神(あまてらすおおかみ)ばかりにあらせられず、神武以来御代々(おんだいだい)の天皇様にも、感謝奉つているのである。

   万世一系の御皇室(おんこうしつ)は一元的であつて 今上陛下(きんじょうへいか)こそ現人神(あらひとかみ)であらせられる。

即(すなわ)ち 天照大神(あまてらすおおかみ)を初め奉り、御代々(おんだいだい)の御稜威(みいつ)は現人神(あらひとかみ)であらせられる 今上陛下(きんじょうへいか)に凝集されてゐるのである。

されば吾々(われわれ)は神聖にして犯すべからずとある『天皇』を最上と思念し奉(たてま)るものであつて、昭和の時代には、天皇に帰一(きいつ)奉るのが国民の至誠(しせい)だと信ずる。

   『義は君臣、情は父子』と仰せられてゐるやうに、吾々(われわれ)国民は常に天皇の御稜威(みいつ)の中にあるのである。

恐れ多いことであるが、十善の徳をお積み遊ばされて、天皇の御位(みくらい)におつき遊ばされると、陛下も憲法に従ひ遊ばすのである。

即(すなわ)ち人法一致によって現人神(あらひとかみ)とならせられるのであつて吾々(われわれ)国民は国法に従つて天皇に帰一(きいつ)奉(たてま)るのが、純忠(じゅんちゅう)だと信ずる。

  天照大神(あまてらすおおかみ)のお札をお祭り(ママ・お祀り)するとかの問題は万世一系の天皇を二元的に考へ奉る結果であつて、吾々(われわれ)は現人神(あらひとかみ)であらせられる天皇に帰一(きいつ)奉ることによつて、ほんとうに敬神崇祖(けいしんすうそ)することが出来ると確信するのである。

またこれが最も本質的な正しい国民の道だと信ずる次第である云々。

 我々は決して寺を遠のけとは言わない。

寺を離れたら原理を失ふことになり日蓮正宗でなくなる。

是(これ)だけが正宗(せいしゅう)で他はすべて邪宗であります。

鉛や銅と金との対比が云(い)はれるがさうではなくて、毒と薬との区別がある様に正法と邪法とは本札(ほんさつ)と偽札(にせさつ)との如(ごと)く、全く反対に考へねばなりません。

同じ日蓮宗でもかう(こう)区別しなげればならない。

そうなると似せれば似せる程却(かえ)って悪くなる。

本札(ほんさつ)に似てゐ(い)ればゐ(い)るほど世間を欺(あざむ)く害は大であるから」

(『創価教育学会第5回総会報告 大善生活実証録』より)
[PR]
by siawaseo_anatani | 2014-01-03 13:17 | 資料紹介
創価学会の機関紙である聖教新聞は、今年も「天皇誕生日」について「報道」しませんでした。

第10面の「社会面」トップの記事は「少子化対策」。

次いで
「防火扉」
「格安SIM」
「除染3年延長」
「災害ロボコン予選日本圧勝」
「書店で電子書籍発売」
「消しゴム工場見学人気」

下段の「ニュース・フラッシュ」欄は、

「社会」のトップが、
「カピバラ家族がゆず風呂で元気」

他は、
「大山のスキー場初滑り楽しむ」
「新たに3カ所漏水 福島第1」

ここまで、天皇陛下や皇室について「無視」したら、池田大作氏が亡くなってからも軌道修正して「皇室報道」をすることもできないでしょう。

学会員さんたちは聖教新聞が「天皇誕生日」や「皇后誕生日」そして「皇室報道」を記事にしないことについて、どのように考えているのでしょうか。

毎年のように指摘していますがが、このことのもつ意味は深刻なものがあります。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-12-23 15:31 | メモ
2013(平成25)年11月6日付『聖教新聞』の記事です。

久しぶりに創価学会の名誉会長池田大作氏の写真が紙面のトップを飾りました。

ただし、相変わらずアップではなくロングで、写真の大きさも小さいものです。

内容は、完成した創価学会総本部の「落慶入仏式」を「池田名誉会長夫妻、原田会長、正木理事長ら代表が出席し」行なったとのものです。

写真は総本部3階の大礼拝室でのもよう。

「式典には、長谷川・大場・原田・池田副理事長、谷川副会長、坂口婦人部総合長、高柳総合婦人部長、笠貫副総合婦人部長、杉本婦人部長、川原婦人部書記長が出席した。」

さらに、池田氏が導師となって「師弟の間」と「三代会長室」の入仏時も行なわれたとあります。

池田氏夫妻は「総本部の館内を丹念に視察した」とのこと。

写真の説明には
大礼拝室は、イス席で1400人収容できる
とありますが、出席したのはたった14人だけ。

これは、これまでの創価学会の「行事」ではあり得ないことです。

これまでのこうした行事は室内には代表幹部たちで満員の状態で行なわれ、池田氏をはじめとする首脳陣が「挨拶」したりしていました。

それが行なわれず、1400もあるイス席には誰一人としていないのです。

よほど池田氏を衆目に曝したくないのではないかと思われます。
d0153496_16442645.jpg

[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-11-07 16:45 | メモ
本日は皇后陛下の御誕生日です。

皇后陛下は79歳になられました。

衷心より弥栄をお祈り申し上げます。


さて、今年も創価学会の機関紙「聖教新聞」は、皇后陛下の御誕生日について報道しませんでした。

天皇皇后両陛下と皇太子皇太子妃についても同様です。

創価学会の機関紙「聖教新聞」が例外的にたまに小さく報道するのは秋篠宮関連。

はてさて・・・。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-10-20 13:23 | メモ

8月1日の日記

8月1日にアップした日記、

「再掲 「みな友だちがはなれっちゃうんだよ」」
http://siawaseo.exblog.jp/19384380/

いろいろなご意見をいただきありがとうございます。

もうおわかりの方もいると思いますが、紹介した聖教新聞の発言者は、

池田大作さん

です。

当時はまだ「創価学会青年部参謀室長」と前年の1958(昭和33)年戸田城聖さんの死から2ヶ月後に新設した総務を兼任しているだけでした。

この発言の1年2ヶ月後に池田さんは創価学会の会長に就任しました。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2013-08-03 00:48 | メモ
明日の聖教新聞に記事が掲載されるかどうか。

寛仁さま:お別れ「斂葬の儀」
http://mainichi.jp/select/news/20120614k0000e040167000c.html

創価学会の機関紙聖教新聞は、皇族の誕生日をふくめ皇室関連の記事はほとんど掲載しない

こんな教団の機関紙に広告を出している企業は、創価学会とおなじ「反天皇・皇室」企業といっていいのではないか。

日本の国民性・社会性を否定する創価学会と、そこに広告というかたちで多額の金銭を差し出す企業。

広告出稿企業は国家や国民のことを屁とも思っていない宗教の「共犯者」「賛同者」ということになる。
[PR]
by siawaseo_anatani | 2012-06-14 17:49